「オレのほうが料理うまいし」とうぬぼれ発言を繰り返す夫への切り返し9パターン


「俺の料理ってスゲエ」と夫に自慢されたら、妻としては自分の力量を否定されたように感じて、内心穏やかではないかもしれません。いっそ、彼の自慢の腕前を家庭生活で思う存分発揮してもらうには、どう返すのが得策でしょうか? そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『オレのほうが料理うまいし』とうぬぼれ発言を繰り返す夫への切り返し」を紹介します。

  • 【1】「スゴイよねー! これから夕食は作って」と、可愛く甘えてしまう

    「『ステキ、ステキ』と絶賛しておけば、ダンナも機嫌がいい」(20代女性)というように、相手と対等に戦わないスタンスを通せば、余計な揉め事は回避できそうです。料理下手の自覚があるなら、「出来は悪くても可愛い妻」に徹してしまうと、夫にいろいろやってもらえて、おトクかもしれません。

  • 【2】「うん、かなわないよねー。マジに」と、あっさり負けを認める

    「ライバル視されないことが、夫婦うまくやる秘訣」(20代女性)というように、割り切って、自尊心をくすぐるのも妙案でしょう。「材料別に下茹でするなんてプロみたい」などとこだわりポイントを具体的に褒めると、ますます鼻高々になって料理に励んでくれそうです。

  • 【3】「それだけの才能があれば、残り物でチャチャっと美味しく作れそう」と、節約にも目覚めてもらう

    「『高価な食材使えば旨いに決まってるわ!』と怒りたい気持ちをこらえ、節約モードに導きます」(30代女性)というように、「男の趣味」ではなく、家計に役立つ料理を目指してもらう妻もいるようです。「あるものでさっと作れる人って、知的な感じ!」などと、貧乏臭くならないポジティブな言葉を選びましょう。

  • 【4】「あなたのカルボナーラ最高だよね」と、自分の好物を作るよう促す

    「『お店よりおいしい』と感心すれば、土日のランチはすべて夫におまかせ(笑)」(30代女性)というように、うまく夫をおだててラクをする人もいるようです。夫も悪い気はしないでしょうから一石二鳥と言えるでしょう。

  • 【5】「プロ仕様のお鍋買うから、ピカピカにしてね」と、片づけまで熱意を持ってもらう

    「『シェフ並みの腕前に見合うよう、奮発しよう!』とブランド鍋を購入。メンテナンスを含めてお任せしました(笑)」(40代女性)というように、夫に片づけまで責任を持ってもらうように誘導した人もいます。形から入るタイプの男性なら、作るだけでなくキッチンそのものを「趣味の場」に仕立ててしまうといいでしょう。

  • 【6】「すごいパパがいるって評判になるかも!」と、幼稚園のお弁当作りを頼んでしまう

    「『パパの三色おにぎり喜んでたよ!』と持ち上げておけば、その気になって作ってくれます」(20代女性)というように、面倒な毎日のお弁当作りを担当してもらうのもアリでしょう。ついでに、夫自身の分も作ってもらうようにすれば、妻は朝寝坊できそうです。

  • 【7】「三ツ星の味を学びに行こうよ!」と、おいしい外食を楽しむ理由にする

    「『一流のお店の味を盗んでほしい!』と口車に乗せます」(20代女性)というように、高級レストランに出かける口実にする人もいるようです。凝り性な男性で、能力も高いのであれば、投資する価値はあるかもしれません。

  • 【8】「皆にうらやましがられるの!」と、妻の仲間からの評価も高いとアピールする

    「『いい旦那様ねーってよく言われるのよ』と言っとけば、うれしそう」(30代女性)というように、ええかっこしいの男性なら、「周囲からの注目」を耳に入れるだけでも満足してもらえそうです。そのままやる気をそがないように、うまく夫育てをしましょう。

  • 【9】「じゃあ来年のおせちは任せるよ!」と、嫁業の面倒な部分をドカンと押し付ける

    「『あなたの手作りって言ったら、親もビックリするよ!』と言うと、ノリ気になっていた(笑)」(30代女性)というように、嫁業を夫に分担してもらえればこんなにありがたいことはないでしょう。市販品などもまぜて夫婦で作ると、良い年末行事になるかもしれません。

料理自慢の夫を持つ妻の中には、「作ってくれるのはありがたいけど、自慢さえしなきゃなー」と、夫の言い草に辟易している人もいるようです。とはいえ、どうせならせっかくのやる気や才能をうまく伸ばして、家庭円満の道へつなげる方法を考えましょう。(水谷仁美)


【調査概要】
期間:2013年6月8日(土)から12日(水)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock