「俺に依存しすぎ!」と彼氏を逃げ腰にさせる地雷行動9パターン


「彼氏に依存する女子」は、男性に面倒くさがられる女子の典型として挙げられるようです。では、どんな言動が彼氏を不安にさせてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性344名に聞いたアンケートを参考に「『俺に依存しすぎ!』と彼氏を逃げ腰にさせる地雷行動」をご紹介します。

  • 【1】ちょっとしたケンカでこの世の終わりみたいに泣く

    「そんなに泣く?機嫌損ねるのが怖くなる」(20代男性)というように、口ゲンカ程度で取り乱すと、「大人の話し合いができない」と見なされてしまうようです。すぐ泣く癖がある人は、きちんと話をするためにも我慢することを覚えたほうがいいでしょう。

  • 【2】SNSをチェックして彼氏の行動をすべて把握する

    「束縛が激しいのはちょっと…」(20代男性)というように、ネットストーキングは彼氏を怖がらせるだけで、いい結果を生まないようです。いちいち口で言わなくても、ネットの履歴が見えるだけで「行動を制限したい」という本音が透けてしまうので、自分を律する努力をしましょう。

  • 【3】連絡がないだけで嫌われたと思い込む

    「100%恋愛だけってわけにはいかないでしょ(苦笑)」(20代男性)というように、「仕事で忙しい」といった事情を汲んであげられる余裕がないと、彼氏をげんなりさせてしまうでしょう。社会人と学生など、立場が違う場合は特に注意が必要ではないでしょうか。

  • 【4】ありもしない浮気の証拠ばかり探す

    「痛くもない腹を探られると怒りを覚えます」(20代男性)というように、不安のあまり彼氏の浮気を疑いすぎると、しまいにはうんざりされてしまうようです。相手の挙動に無関心になる必要はありませんが、疑惑もないのに追い詰めるのは逆効果かもしれません。

  • 【5】意見や行動をすべて彼氏に合わせる

    「こっちに合わせて好きなサッカーチームまで変えられてしまうと、ちょっと重い」(10代男性)というように、ご機嫌を伺うかのように意見や行動を合わせてしまうと、それが彼氏の負担になるようです。自分を殺して嫌われないようにするより、さらけ出して愛される努力をしたほうがいいのではないでしょうか。

  • 【6】少し会えないだけで情緒不安定になる

    「一人の時間も楽しめる子じゃないと困る」(20代男性)というように、「彼氏がいないとダメな女子」は、依存型ではないかと警戒されるようです。とはいえ、「会いたいな」とかわいく伝えるだけなら、それほど不安視されることもないでしょう。

  • 【7】彼氏好みの外見になるため極端な努力をする

    「短い髪もいいなって言っただけなのに…」(10代男性)というように、彼氏の意向に合わせてバッサリ髪を切ったり、断食並みの極度なダイエットをしたりすると、喜ばれるどころかドン引きされてしまうかもしれません。相手の意見は参考程度に聞き、「絶対」とは思わないようにしましょう。

  • 【8】恋愛第一で女友達との約束を平気で破る

    「恋愛至上主義の子は面倒くさい」(20代男性)というように、恋愛に全力投球しすぎるあまり、彼氏との間に温度差が生まれてしまうケースです。付き合いたてのラブラブ期を過ぎたら、友達との時間も楽しむバランス感覚を備えてはいかがでしょうか。

  • 【9】過去の恋愛トラウマをしつこく説明したがる

    「聞きたくないよ。どうしろって言うの?」(20代男性)というように、過去の辛い恋愛体験は、彼氏に聞かせる類のものではないようです。失恋を引きずったエピソードなどは、「恋愛に依存する女」というイメージに直結するので、ご法度と心得たほうがよさそうです。

恋愛への情熱や彼氏への思いの深さが「依存されるかも」という警戒心につながるようです。ただし、それ自体は悪いことではなく、「伝え方、見え方次第」でもあるため、彼氏の反応を見ながら「重くない」演出をしてはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から17日まで
対象:合計344名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock