AB型男性とのデートで気をつけるべきこと9パターン


クールで知的なところが魅力と言われているAB型男性。反面、つかみどころのない部分もあり、行動パターンを把握するのは難しいようです。そんなAB型男性と楽しくデートするには、どんな事に気を使ったらいいのでしょうか。今回は、恋愛経験豊富な20代、30代女性からのアンケートをもとに「AB型男性とのデートで気をつけるべきこと9パターン」をご紹介します。

  • 【1】相手の髪型や服装をけなさないようにする

    「彼の帽子が迷彩柄だったので、暑苦しいと言ったらムスッとした」(10代女性)と、AB型男性は、自分のこだわりについて他人に口を挟まれるのを嫌うようです。彼の好みは尊重しつつ、買い物の時に「こんなのも似合いそう!」とあなたのオススメを伝えるのもいいかもしれません。

  • 【2】相手の機嫌に関係なく、いつも同じ態度で接するようにする

    「相手の機嫌がよかったので、茶化したら急に押し黙ってしまった」(20代女性)と、感情の起伏が激しいのもAB型男性の特徴のようです。怒りのツボが分からないことも多いので、機嫌がいい時でも必要以上にいじるのは避けた方がいいでしょう。

  • 【3】クーポンや割引券などで賢くお金を使うようにする

    「クーポンを使って食事代を安くすませたら、彼がしきりに感心していた」(20代女性)と、しっかりした女性を好むAB型男性に、倹約家の一面を見せると好感度も上がるようです。ただし、毎回割引券を使うなどあまりにもお金にこせついていると、かえって引かれてしまうので気をつけましょう。

  • 【4】急に予定が変更になっても怒らないようにする

    「デート中も急に行き先を変更するので、その度に怒っていたらこっちも疲れます!」(30代女性)と、気分屋なAB型男性の行動にいちいち目くじらを立ててはデートができないようです。男性に合わせてばかりではなく、自分からも行きたい場所を指定すれば、イライラが減る上フェアな関係も築けるでしょう。

  • 【5】行きたい場所や自分の好みをはっきり伝えるようにする

    「何でも彼氏任せだとウンザリされちゃう」(20代女性)と、自立した女性が好きなAB型男性には、遠慮せず自己主張することも大事なようです。あなたの意見をしっかり伝えると、相手もそれを信頼の証と受け取ってくれるかもしれません。

  • 【6】ところ構わず手をつないだり、ベタベタ接近したりしないようにする

    「家ではイチャついているのに、外で手をつなぐのはなぜかNG」(10代女性)と、人の目を気にしがちなAB型男性には、人前でスキンシップを求めるのは控えたほうがいいようです。その分、2人きりの時は思いっきり甘えるといいでしょう。

  • 【7】駆け引きはせず、自分の素直な気持ちを伝えるようにする

    「彼の気を引きたくて不機嫌を装ったら、なぜか相手も不機嫌に」(20代女性)と、AB型男性へのあまのじゃくな言動は逆効果のようです。AB型男性は自分の気持ちを表現するのが苦手な分、彼女からストレートに好意を示してくれると安心するようです。

  • 【8】食事場所は2人きりで落ち着ける店を選ぶようにする

    「地元で人気のお好み焼き屋に入ったら『デートでここはない』と言われた」(20代女性)と、ロマンチックな一面のあるAB型男性は、騒がしい所よりムードのある場所を好むようです。人が少なく雰囲気の良いレストランやバーだと、他人の目を気にせず会話を楽しむことができるでしょう。

  • 【9】たまには相手の好みの服を着て行くようにする

    「デートで彼お気に入りのワンピースを着ると、嬉しそうにしてくれる」(10代女性)と、こだわりを大切にするAB型男性は、彼女が理想に近づくと喜ぶようです。時には彼好みの女性を演出して心をつかみましょう。

自分の世界を大切にするAB型男性は、時に偏屈に見えることもあるようです。でも、そんな彼の個性を理解してあげると、あなたへの信頼度もぐっと上がり、デートの時間も楽しく過ごせるでしょう。(松原 麻依)
Photo:All images by iStock