婚活で第一印象が良くなる「モテファッション」9パターン


婚活でパートナーを見つけようと思ったとき、第一関門となるのが「第一印象」。見た目を美しく整えるのはもちろんのこと、親しみやすさをアピールして、良縁を引き寄せたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に「婚活で第一印象が良くなる『モテファッション』」を紹介します。

  • 【1】シンプルで女性らしい「きれいめワンピ」

    「男ウケを狙うなら、ワンピが一番!これ絶対」(20代男性)というように、結婚を前提とした出会いを望むなら、柔らかさを印象付けるフェミニンなワンピースは王道ファッションのようです。ダボっとした形よりも、シルエットが強調されるAラインタイプがよいでしょう。

  • 【2】優しくて家庭的そうな「ふわふわカーディガン」

    「良家のお嬢様っぽくて惹かれる」(20代男性)というように、ワンピの上に質のいいカーディガンを羽織るのも、男性ウケがよいようです。フランクな婚活パーティーであれば、かっちりとしたジャケットよりも、ふんわりとしたカーディガンをセレクトすると親しみやすさをアピールできるでしょう。

  • 【3】長すぎず、短かすぎない「膝上5センチのスカート」

    「ミニスカートとか、露出が多い女性は嫌」(20代男性)というように、学生時代の合コンと違い、一生の伴侶を探す婚活では「品の良さ」が命のようです。トップスも胸の谷間が見えそうなキャミソールやカットソーではなく、清潔感のあるデザインのものを選ぶといいでしょう。

  • 【4】スーツを着るなら「フェミニンなシャツをイン」

    「スーツなら女っぽい雰囲気のものがいい」(20代男性)というように、一対一のお見合いやフォーマルウェアを要求されるパーティーなら、スーツに女性らしいアイテムを加えるのもアリでしょう。ビジネスライクにならないよう、ボトムスはパンツではなくスカートをチョイスするのが無難かもしれません。

  • 【5】明るく親しみやすそうな「淡い色合いのコーデ」

    「暗い色の服を着た女性は、性格も堅そう!」(20代男性)というように、服の色のせいでガードが堅そうに見えるのも善し悪しでしょう。黒色や紺色のワンピースしか持っていない場合は、パステルカラーの羽織りものをオンするなど、差し色を加えると明るい印象になりそうです。

  • 【6】清潔感あふれる「ツヤッとした黒髪」

    「まじめそうだし、家庭を守ってくれそう」(20代男性)というように、奥ゆかしさを感じさせる黒髪への支持者は多いようです。カラーを入れていないだけに一歩間違えるとダサくなりがちなので、トリートメントなどの手入れを忘れず、サラサラのツヤ髪を目指しましょう。

  • 【7】さりげなく華やかになる「華奢なアクセサリー」

    「初対面で大ぶりのアクセサリーをしてると引くかな」(20代男性)というように、初めての男性と会うときは、ネックレスやピアスは控えめなデザインにしておくのが無難そうです。指輪は気にする男性がいるので、たとえ右手でも薬指だけは避けたほうがよいかもしれません。

  • 【8】清楚で上品な「ナチュラルメイク」

    「ぶっといアイラインやバサバサまつ毛はちょっと…。やっぱ自然体が一番!」(20代男性)というように、つい気合いが入りがちなメイクですが、濃いメイクは男性に敬遠されるおそれがあるようです。ブラウン系のアイシャドウと万人にウケるピンクリップで、清純な女性を演出してはいかがでしょうか。

  • 【9】過剰なアートを控えた「ピンクのフレンチネイル」

    「盛ったネイルで料理できるのかな?って疑問」(20代男性)というように、結婚生活を想定すると、家庭的な女性を好む男性は多そうです。ピンク色のマニキュアを薄塗りする程度にしておけば、ピュアで清潔な印象を与えられそうです。

婚活ファッションには、何よりも清楚さが求められるようです。品を大事にしつつ、そのうえで自分らしいアレンジにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計452名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock