誕生日の演出で「この子と付き合ってホントよかった!」と彼氏を感動させる工夫9パターン


大好きな彼氏の誕生日をお祝いするなら、一生思い出に残るような感動を与えたいもの。世の男性はどのような演出を期待しているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名の意見を参考に、「誕生日の演出で『この子と付き合ってホントよかった!』と彼氏を感動させる工夫」を紹介します。

  • 【1】どんなに忙しくても、0時ぴったりにメールを送る

    「どんなときも俺のこと大切にしてくれるんだなって、その気持ちが嬉しい」(20代男性)というように、彼氏への愛の深さを示す行動は、何よりも感激されるようです。送信をするタイミングが鍵なので、文章を事前に作っておき、前日の23時55分にアラームをかけるとよいでしょう。

  • 【2】デート当日は、オシャレに磨きをかけて登場する

    「いつもよりかわいいと、それだけでニヤニヤする」(10代男性)というように、「プレゼント=自分」と言わんばかりに着飾って、彼氏を喜ばせる作戦です。カジュアル派もこの日だけは女性らしいスカートにするなど、「ギャップ萌え」を狙うのもアリでしょう。

  • 【3】料理が苦手でも、あえて手作りホールケーキに挑戦する

    「味噌汁ですらロクに作れない彼女が、どれだけ頑張ってくれたのかと…」(20代男性)というように、誕生日ならではの「手作りケーキ」には、大きなインパクトがあるようです。とはいえ、食べられないほどまずいとシャレにならないので、一度練習してから本番にのぞみましょう。

  • 【4】何気なく「ほしい」と言っていた時計を、ナイショで準備する

    「ぽろっと漏らした言葉を覚えてくれてたことに…涙」(20代男性)というように、普段から自分の様子をうかがってくれていた優しさを知り、愛を実感する男性もいます。ほしいものを教えてくれない彼氏には、ショッピング中に「こういうの、好き?」と探りを入れてみるといいでしょう。

  • 【5】遠距離で会えないときは、当日着でプレゼントを送る

    「準備してくれた時間を想像すると、愛おしくなる」(20代男性)というように、遠距離恋愛でその日に会えない彼氏には、オンタイムで贈り物を届ける配慮が不可欠でしょう。その後すぐに会う約束があっても、先にプレゼントを贈ることで、サプライズを演出できそうです。

  • 【6】「今日は一日あけてるから」と、彼のしたかったデートを実現する

    「海釣りに付き合ってくれるとは思わなかった」(10代男性)というように、相手の趣味に付き合ってあげるのも最高のプレゼントになるようです。自分も道具を揃えて登場するなど、準備に手間暇かければ、「離したくない女性」だと思ってもらえるでしょう。

  • 【7】普段の感謝の気持ちを、手紙にして音読する

    「手書きのメッセージは、どんな演出よりグッとくる」(20代男性)というように、文章にしたためた思いを聞かせることで、彼氏の心に揺さぶりをかける作戦です。「生まれてきてくれて、ありがとう」などと、少し大げさな表現で感動を呼び起こしましょう。

  • 【8】内緒で友人を集めておき、シークレットパーティーを企てる

    「びっくりした分だけ、喜びが大きかった!」(10代男性)というように、共通の友達が多い場合、仲間を巻き込んでサプライズを仕掛けるのもアリでしょう。パーティーが無理でも、寄せ書きやアルバムをこっそり準備するだけで、この世にたった一つのプレゼントになるはずです。

  • 【9】レストランディナーに連れだし、店員さんとサプライズを演出する

    「メッセージ付きのデザート、マジ嬉しかった」(20代男性)というように、実践しやすく、それでいて喜んでもらえるのが、レストランに協力してもらう方法です。最後のお皿にプレゼントをのせて出してもらうなど、お店と相談してとっておきの演出を目指してはいかがでしょうか。

さまざまな演出がありますが、どんな方法でも真心を込めれば、きっと愛が伝わるはず。普段よりちょっと大胆に、彼氏をお祝いしてあげましょう。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計452名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock