彼氏を振ったけど復縁したい!身勝手女子のアプローチ7つ


彼を自分から振ってしまったものの、彼の魅力を忘れられず、復縁を願っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。『あきらめきれない彼との間にうれしい奇跡が起きる本』(Dr.タツコ・マーディン|扶桑社)では、振ったしまった彼と復縁したいという、やや身勝手な女子(?)が参考になりそうなアプローチをレクチャーしてくれる。「彼氏を振ったけど、やっぱり復縁したい」身勝手女子が実践すべきアプローチについて紹介いたします。

  • 【1】別れた3週間以内にメールする。

    別れてすぐに連絡することで、別れ話が痴話ゲンカで済む可能性があるそうです。3週間以内であれば、彼氏は「まだ彼女を失いたくない」という感情が残っているので、やり直すチャンスがあると著者は分析しています。

  • 【2】別れて3ヶ月以上たってからの連絡は、短く&あっさりと。

    別れて3カ月以上経過すると、彼の気持ちは冷めている可能性があると筆者は述べています。もう一度、彼を振り向かせるエネルギーが必要となり、「連絡をください」と求めず、短く&あっさりと連絡することがコツだそう。

  • 【3】過剰に優しく接しない。

    彼に対する罪悪感から優しくしてしまう女性が多いそうだが、これは逆効果だと筆者は述べています。優しくすればするほど、自分の価値を下げてしまうことになり、彼が優位な立場になってしまいます。

  • 【4】「誰と付き合っているの?」「まだ私のこと好き?」はタブー

    もし付き合っている人がいたり、好きな人ができたことを知ってしまった場合、嫉妬心が一気に湧き上がることになります。感情に振り回されないためにも余計なことを聞かない方がよいそうです。

  • 【5】「ごめんね。」は一度のみ。

    別れを切り出しておいて、復縁を迫る身勝手さに対して、一度は謝る必要があります。なお、何度も謝った場合には、「なんで、あのとき別れたたんだ!」と不信感を募らせる結果になるそうです。そのため、謝る場合は、1度のみが良いそうです。

  • 【6】デートに誘われてもテンション低く対応する。

    もしデートに誘われたとき、「行こう!行こう!」とハイテンションにリアクションした場合、彼は幻滅する可能性があると筆者が語っています。というのも、彼は「振られた」ことによって、傷つけられており、あまりに明るく振る舞われると「オレのこと傷つけておいて…調子良すぎる」とイラッとさせる恐れがあるそうです。

  • 【7】彼の家で会わない。エッチしない。

    彼に対する罪悪感から、彼の家で二人っきりで会ってしまう方が多いそうです。しかし、家に呼び出す彼は、エッチすることが目的だと筆者は語っています。このタイミングでエッチしてしまうことは、彼の温もりを感じずに不幸なパターンに陥るケースもあり、復縁の可能性も低くなるそうです。

彼を振った立場から復縁を迫った場合には、傷ついた彼を配慮する対応が必要となります。強気にどんどん攻めるのではなく、進捗にことを進めることを心得ておく必要がありそうです。


<関連サイト>
『あきらめきれない彼との間にうれしい奇跡が起きる本』(Dr.タツコ・マーティン|扶桑社)