[ブックレビュー]銀座の高級ホステスが教える!小悪魔テク5選(上級編)


小悪魔テクニックを駆使して、男性を翻弄したい!男性を夢中にさせたい!と願っている女子もいるのではないでしょうか。そんな小悪魔女子志望の方におすすめなのが、『小悪魔な女になる方法』(蝶々|大和出版)です。銀座の高級クラブホステスでの多くの経験を積んだ筆者の小悪魔テクニックを覗いてみよう。

  • うるんだ瞳でジィーーーーーーーッと見つめる。

    ラブリーな女子にうるんだ瞳で見つめられれば、ほとんどの男性は、素直にドキドキするものだと筆者は語っている。 恥ずかしがらずに、見つめ続ける勇気と自信が必要でしょう。

  • 連絡先は面倒くさそうに教える。

    連絡先はかるくためらうそぶりを見せたりしつつ、もったいぶって教えること大事だと、筆者は述べている。「彼女が教えてくれた」ではなく、「僕が頼んで教えてもらった」という達成感を味合わせることが重要だそうだ。

  • 「彼氏いるの?」と聞かれたら、「なんで?」と質問返しする。

    「そんなこと聞いて。もしかして私に気がある?」と言ったり、じっと見つめたりすることで相手をドキマギさせます。男女のトークは会社の面接じゃないので、質問に対して適切に答える必要がはないと筆者は語る。

  • 「オレのこと好き?」と聞かれたら、「大嫌い(笑)」と答える。

    「大嫌い(笑)」と答えた上で、じっと見つめたりすることで相手をドキマギさせます。「好きな気持ちは、態度だけでも十分通じる。相手はただ確認したいだけでしょ。」と筆者は解説している。

  • 「まつげにゴミが・・・」と言い、そのままほっぺにチュッ!

    「落ちない男はいない。」と筆者は語る。確かに、こんなに不意にキスをされた男性は、かなりドキドキするでしょう。ためらうことなく一気にキスしなければ、不発に終わる可能性も。心を決めたら、一気にキスする勇気が必要です。

男性をドキドキさせて、恋愛関係を一気に加速することは時には必要でしょう。「これは!」という男性に対しては、勇気を絞って思い切った行動をとってみてはいかがでしょうか。


<関連サイト>
『小悪魔な女になる方法』(蝶々|大和出版)