「イベント嫌いの彼氏」に誕生日を祝ってもらうための下準備9パターン


「もうすぐ誕生日なのに、彼氏が何もしてくれなさそう!」とヤキモキした経験のある女性は多いのではないでしょうか。とはいえ、男性が乗り気になるのを待っているだけでは、「理想の誕生日」を実現させるのは難しいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「『イベント嫌いの彼氏』に誕生日を祝ってもらうための下準備」をご紹介します。

  • 【1】「この日は一緒に過ごしたいな」ととりあえずデートの約束を取り付ける

    「特別なことはお願いしない代わりに、『絶対空けておいて』と念を押す」(20代女性)というように、まずは会うことだけを目指すといいでしょう。しおらしく当日を待つ姿を見せれば、誕生日が大切な日だと認識してもらえそうです。

  • 【2】「私は誕生日にお祝いされたいタイプ」と自分の性格をアピールする

    「誕生日の思い出とかを幸せそうに語って、遠回しにおねだりする」(10代女性)というように、かわいく願望をにじませることで、重い腰を上げさせる作戦です。相手が鈍感すぎて伝わらないときは、「こんな誕生日を迎えたい」とストレートに説明したほうがいいでしょう。

  • 【3】「○○ちゃんは誕生日に夜景デートしたんだって!」と友達を羨む

    「私がどんな誕生日を望んでいるかをわからせる作戦!」(10代女性)というように、身近な例を挙げて、「女性を喜ばせるポイント」を知らしめるのもよさそうです。ほかの男性への競争心も刺激できるので、負けず嫌いの彼氏には特に効果があるでしょう。

  • 【4】「これかわいい。欲しいなぁ」とプレゼント候補を匂わせる

    「単に面倒なだけらしいので、ヒントを与えて待つ」(20代女性)というように、わかりやすいお膳立てをして、誕生日への取り組みを誘導するのも手です。ただし、あまり高価なものを要求しても、聞き流されておしまいになる可能性があるので、現実的な品物に留めましょう。

  • 【5】「あと○日!」とカウントダウンしてプレッシャーをかける

    「『誕生日、楽しみだなー』と、あえて過剰な期待を寄せる」(10代女性)というように、これ見よがしに圧力をかければ、イベント事を面倒がる彼氏も動いてくれるかもしれません。当日「予想以上に幸せ…」などとうっとりすると、「がんばってよかった!」と思ってもらえそうです。

  • 【6】「もし誕生日をスルーされたら…」と一足先に悲しんでみせる

    「『去年は寂しかった』と落ち込んでみせたら、プレゼントをくれた!」(10代女性)というように、「何もしないとこうなる」と想像させると、行動を促せそうです。相手が呑気な性格なら、別れをほのめかすなど、強気に出てもいいでしょう。

  • 【7】「私のこと、そんなに好きじゃないんでしょ!」とヘソを曲げる

    「3年間『おめでとう』の一言だけだったので、ブチ切れてやりました」(20代女性)というように、怒りをあらわにすれば、「本気」を表現できるかもしれません。とはいえ、喧嘩に発展しては元も子もないので、長引かせないようにしましょう。

  • 【8】「プレゼントはこれ。食事はここ」と希望のプランをリクエストする

    「ダメもとで『理想の誕生日』をプレゼンしたら、見事に実現!」(20代女性)というように、さっさと自分で企画してしまう女性もいます。業を煮やした態度ではなく、夢見るような表情で願望を語ったほうが、男性のやる気を刺激できそうです。

  • 【9】「ほかのイベントはどうでもいいから」と誕生日を特別視してもらう

    「『年に1度だけならどう?』と交渉して以来、祝ってもらえている」(20代女性)というように、彼氏がかたくなにイベントを嫌がる場合は、一旦譲歩するとうまくいきそうです。楽しい時間を過ごせば、いずれイベント嫌いを解消できるかもしれません。

ヤキモキしながら待つ以外にも、やれることはたくさんありそうです。機会を逃すと1年先まで待たなくてはならないので、積極的に働きかけましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで
対象:合計238名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock