好きバレしている男性に送る「早く告白してよ!」のサイン9パターン


二人きりでデートするくらい「いい感じ」の男性がいても、「付き合おう」の一言がなく、やきもきする女性は多いようです。どうすれば、男性の背中を押すことができるのでしょうか。恋愛経験豊富な20代、30代の女性読者に「好きバレしている男性に送る『早く告白してよ!』のサイン9パターン」を聞いてみました。

  • 【1】二人きりになれるロマンチックなデートスポットに出かける

    「切り出しやすいよう、私が準備してあげる(笑)」(30代女性)と、自ら舞台のおぜん立てをして告白を誘う方法です。ベストポイントでは彼に寄り添い、あえて微妙な沈黙を作ってみましょう。照れ隠しに冗談を言ったりしないようご注意を。

  • 【2】「私の気持ちを聞いてほしくて…」と、自分からの告白を匂わせながらデートに誘う

    「当日、恥ずかしくて言えない風を装い、向こうが焦れて告白するよう仕向ける」(20代女性)という搦め手です。最初から相手もその気なので、土台作りは十分ですが、受け身の男性は女性の言葉をひたすら待ってしまう恐れも。相手の性格を見極めて実行しましょう。

  • 【3】「他の男性に告白されて…」と悩んでいる様子で打ち明ける

    「急にスイッチが入ったのか、その場で『俺と付き合ってよ』と言ってくれた」(20代女性)など、古典的な作戦ですが成功率は高いようです。「本当は他に好きな人がいるんだ」と彼を見つめながら呟くなど、気持ちをアピールする演出もお忘れなく。

  • 【4】「私たち、付き合ったらどうなるかな?」とあえて自分から口にする

    「言葉にすれば意識し始めるから」(30代女性)というように、「いい関係」が長く続いている場合、二人の将来を想像させてブレイクスルーする手もあります。同時に髪型を変えるなどあなた自身の印象を一新すれば、男性もはっとして、恋愛感情を認識するかもしれません。

  • 【5】終電ギリギリの飲みに誘い「もっと話したいな」と、朝までの覚悟を匂わせる

    「ここまで言ったら分かるでしょ!」(30代女性)という通り、ほぼ告白に近いアグレッシブな行動だけに、押しに弱い男性にも有効です。ただし、相手の下心を刺激する面は否めません。まだ一線を越えるつもりがないなら、避けた方が無難でしょう。

  • 【6】「○○くんにとって私はどういう存在?」と、ストレートに聞く

    「返事次第で今後を考える」(20代女性)など、質問に対する反応を見る方法です。大抵の男性は不意をつかれて口ごもりますが、切り出した以上、「はっきり言ってほしいな」と畳みかけましょう。責めるようなきつい言い方をして相手を萎縮させないよう、くれぐれも注意してください。

  • 【7】彼をほめ倒して、「告白しても断られないだろう」という安心感を与える

    「とにかく受け入れてますアピール!」(30代女性)というように、男性の言動を全肯定して「拒絶されるわけがない」と確信させ、告白のハードルを下げる作戦です。彼が慎重なタイプなら、会話のノリであっても否定的なツッコミは避けましょう。

  • 【8】わざと他の男性と遊んだり食事に行く様子を見せつける

    「『フラフラすんなよ』と言われたい(笑)」(20代女性)など、男性の嫉妬心を煽り独占欲を刺激する方法です。とはいえ、やり過ぎると軽い女だと思われる恐れも。嫉妬させた後は「やっぱり○○君が落ち着くなー」と言うなど「あなたが本命」アピールをお忘れなく。

  • 【9】二人で出掛けても22時には帰るなど、あくまでも友達ルールで接し男性を焦らす

    「『夜の外出は彼氏だけ』と言い続けたら、『じゃあ彼氏にして』と言ってくれた」(20代女性)というように、友達と彼氏の待遇差を強調して彼氏昇格を促す作戦です。途中で路線変更するとだらしない印象になるので、ルールは最後まで貫きましょう。

女性はやはり男性に告白してほしいと願うものですが、その一歩が踏み出せない男性もいます。上記の作戦を複数実行してもダメなら、いっそ自分からの告白を考えた方がよいかもしれません。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock