間接キスをしたあとに男性をドキッとさせるための一言9パターン


意中の男子に食べかけや飲みかけの物をもらったりあげたりすることもあるでしょう。そんなとき、ちょっとしたセリフで相手を胸キュンさせられることも。今回は恋愛経験豊富な20代、30代の『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「間接キスをしたあとに男性をドキッとさせるための一言」をご紹介します。

  • 【1】ハッとしてから笑顔で「間接キスしちゃったね!」

    「偶然だということを強調するのがポイント」(20代女性)というように、ちょっとしたハプニングを演出すると男性をドキッとさせることができるようです。「嫌じゃないよ」と彼にアピールするために、微笑みながら言うのがポイントではないでしょうか。

  • 【2】いたずらっぽい顔で「ちょっとー、意識してるでしょ?」

    「からかうノリで言えばいい雰囲気でじゃれ合えますしね」(20代女性)というように、小悪魔っぽく振る舞うことで男性の胸を高鳴らせることも。言いながら彼の腕をポンと叩くなど、軽いスキンシップを取るとより効果が増すかもしれません。

  • 【3】恥ずかしそうにしながら「このことはみんなに内緒ね」

    「心理学的にも、秘密の共有をするとドキドキするらしいです!」(20代女性)というように、二人の隠し事にすることで、男性に高揚感を与えられるようです。周囲にほかの友達もいる場合は、彼の耳元でささやけば、よりときめきを与えられるのではないでしょうか。

  • 【4】飲み物や食べ物をじっと見つめながら「なんかいつもよりおいしい気がする」

    「キョトンとしながら『なんでかなー?』と相手に聞く」(20代女性)のように、故意犯的に彼の顔を覗き込みながら尋ねると、相手をドギマギさせられるかもしれません。ただし、挑発的な行動は清楚な女性が好みという男性には逆効果になる場合もあるので、気を付けたいところです。

  • 【5】はにかみながら「実は間接キスしたかっただけなの」

    「正直に言うほうが絶対相手の心に刺さる」(20代女性)というように、鈍感な男性相手なら、このくらい直球で攻めるほうが彼への好意に気付いてもらえるようです。そこで、さらに目をジッと見つめれば、彼もあなたのことを意識せずにはいられなくなるかもしれません。

  • 【6】申し訳なさそうに「ごめん、口紅ついちゃった…」

    「わざとどこに口を付けたのかがハッキリとわかるようにします(笑)」(30代女性)というように、視覚にうったえるのもいいようです。その直後にわざと口紅を塗り直せば、彼に改めて唇を意識させられ、恋心を触発できるのではないでしょうか。

  • 【7】ジッと目を見つめながら「次はホントのキスかな?」

    「誰だってその後の展開を期待しちゃうと思います」(30代女性)など、さらなるステップアップを匂わせるのも手です。また、無言のまま視線を相手の瞳から唇へと落とすと、「もしかして今チューしたいのかな」と、彼のドキドキも止まらなくなってしまうかもしれません。

  • 【8】照れながら「これって間接キスってやつなのかな…?」

    「ちょっとモジモジして清純アピール(笑)」(20代女性)などは、ピュアな振る舞いに弱い男性に適しているようです。男性が「間接キスだね」と答えたら、すかさず「恥ずかしいよー」と照れると、彼にうぶな姿を印象付けられるかもしれません。

  • 【9】満面の笑みで「間接キスもーらいっ!」

    「間接キスをするために飲み物を貰うことを強調!」(20代女性)と、積極的なアプローチをして、男性の心を揺さぶる作戦です。特に、それまでただの男友達のように接していたならば、突然の「好きアピール」は、いい意味で相手を困惑させられるのではないでしょうか。

「間接キス」は恋愛関係への発展の第一歩として効果的なようです。意中の男性と間接キスを交わせるチャンスを見逃さないように心がけておくといいかもしれません。(千葉雄樹/A4studio)
Photo:All images by iStock