LINEが「既読」なのに、彼氏がなかなか返事をくれない理由9パターン


カップル同士の連絡ツールとしても大人気のアプリ「LINE」。チャット感覚でメッセージを送受信できるのが特徴ですが、彼氏が「既読」のままなかなか返事をくれず、不安を感じたことのある人は多いようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性169名に聞いたアンケートを参考に、「LINEが『既読』なのに、彼氏がなかなか返事をくれない理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】仕事が忙しくて、返信する時間がなかったから

    「職場でスマホばかり触っているわけにいかない」(20代男性)というように、仕事中にLINEを使えない男性は多いようです。読むのは一瞬でも、書くのは手間が掛かるもの。仕事の休憩時間に合わせて送るなど、彼氏の迷惑にならないタイミングを見計らってみましょう。

  • 【2】運転中でスマホを触れなかったから

    「いちいちドライブモードにする習慣がない」(20代男性)など、車や自転車の運転中でスマホを操作できないという意見もあります。彼氏が運転する人なら、「車だったら返事はあとでいいからね」と一言添えると、目的地についたらすぐに返信をくれそうです。

  • 【3】急いで返信する必要がない世間話だったから

    「別のことをしていたら後回しになる」(20代男性)というように、LINEでやり取りするメッセージは、特に急用ではない話題が多いもの。即レスがないことに不安を感じるより、のんびり返事が来るのを待ったほうが楽しく利用できそうです。

  • 【4】スタンプだけが送られてきて、メッセージの中身がなかったから

    「返事のしようがない」(20代男性)というように、LINEで多用される「スタンプ」が苦手な男性は多いようです。文章なしでスタンプだけのメッセージは、反応が難しくスルーされがちなので、不精な彼氏にはきちんと文章を書く手間を惜しまないほうがよいでしょう。

  • 【5】うまい返事を必死に考えていたら、悩んでいるうちに時間が経ってしまったから

    「すごい長文だったり、シリアスな話題は返事が難しい」(20代男性)など、メッセージの内容が重すぎて、気軽に返信できないケースもあるようです。「次に会ったときに直接話そう!」と提案するなど、助け舟を出してあげるといいかもしれません。

  • 【6】ひとつの話題が終わったと判断して、あえて返事をしなかったから

    「だらだら続けるのが好きじゃない」(20代男性)というように、ある程度キリがいいタイミングでやり取りを終わらせる男性は多いようです。少し間を空けてから別の話題を送ってみるなど、テンポよく実のある話題を提供することを心がけたいものです。

  • 【7】メッセージに気付いたのが、彼女の仕事中の時間だったから

    「仕事が終わる夜にまとめて返信する」(20代男性)というように、彼氏のほうが時間帯に気を使っているケースもあるようです。「平日は朝と夜だけ送る」とルールを決めるなど、お互いの都合をあらかじめ話し合っておくと、不安を解消できそうです。

  • 【8】あまり興味がない話題だったため、リアクションする気が起きなかったから

    「『今日誰々と会った』とか送られても、知らないし」(20代男性)というように、自分がしたい話題を一方的に送りつけても、さほど興味を持ってもらえないようです。会話のキャッチボールを意識して、お互いに楽しめるテーマを選ぶべきでしょう。

  • 【9】メッセージが届く数が多すぎて、すべてに対応しきれないから

    「友達からもすごい量が来るし、付き合うのがしんどい」(20代男性)というように、単純に件数が多すぎて、LINEに疲れてしまっている彼氏もいます。ときには電話で直接声を聞くなど、LINEにこだわるのをやめてみるのもひとつの手でしょう。

リアルタイムで会話を楽しめるLINEですが、彼氏に即レスを求めると、余計なプレッシャーをかけてしまうようです。気楽なペースでやり取りできるように、配慮してあげたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計169名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock