別れたばかりの元カレへの電話をガマンする方法9パターン


失恋したての頃は、未練や寂しさから別れた元カレに連絡してしまうこともあるでしょう。しかし、別れを糧に新しい一歩を踏み出すことを考えると、あまりいい選択とはいえないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性225名に聞いたアンケートを参考に「別れたばかりの元カレへの電話をガマンする方法」をご紹介します。

  • 【1】電話帳から連絡先の登録を消す

    「シンプルだけど一番手っ取り早い」(20代女性)というように、思い切って連絡の手がかりをなくすパターンです。万一、コンタクトを取る必要が生じた場合は、共通の友達に聞いたり、SNSで探したりする方法は残されているので、思いを断ち切るまでの一時的な措置として行っても問題ないのではないでしょうか。

  • 【2】毒舌な女友達に電話をかけて叱ってもらう

    「『元カレに電話しそう』と言ったら『バカじゃないの』と一喝された(苦笑)」(10代女性)というように、一旦女友達に電話をして、気持ちをクールダウンさせる方法です。できるだけ辛辣な物言いをする友達を選ぶと、間違った思いつきだと気づかせてくれるかもしれません。

  • 【3】電話をかける暇もないほど予定を入れる

    「遊びでも仕事でもいいから、とにかく忙しくする!」(20代女性)というように、自由な時間を意図的に減らすことで、元カレに電話をかける機会をなくす女性もいます。帰り道や夜中など、交際中によく電話をしていた時間帯に集中して予定を入れてもいいでしょう。

  • 【4】別れた原因を思い出し、嫌いになる努力をする

    「わざと嫌なところを思い出します」(20代女性)というように、思い出は放っておくと美化される傾向にあるため、未練があるうちはこれくらいの荒療治が必要かもしれません。「自分たちの関係はもう終わったのだ」と納得することができれば、声を聞きたい衝動に駆られることもなくなるでしょう。

  • 【5】「もう電話しない」と共通の友達に宣言する

    「まわりに言っちゃうと、かっこ悪くて電話できなくなる(苦笑)」(10代女性)というように、元カレともつながっている友達に絶縁宣言をすれば、意志が弱い人でも電話をガマンできるかもしれません。自信がなければ、「破ったら○○をする」などと自分にペナルティを課してもいいでしょう。

  • 【6】電話代を計算し、それほどの価値があるか問い直す

    「せこいけど、長電話したらそれなりにお金かかるしね」(20代女性)というように、自分の行動が価格に見合っているかを冷静に考えるパターンです。「この金額で豪華なランチが食べられる」「カラオケに○時間行ける」などと比較すると、さらに行動を抑えられそうです。

  • 【7】「追うほど相手は逃げる」と自分に言い聞かせる

    「どうせなら『いい女だったな』って後悔させたい(苦笑)」(20代女性)というように、状況を逆手に取り、「好かれるためにも電話をガマンするべきだ」と考え直す女性もいます。恋愛本には同じようなロジックが紹介されていることが多いので、試しに読んでみてはいかがでしょうか。

  • 【8】電話帳の元カレの名前を「元カレ1」に変える

    「『元カレなんだ』と自分に再確認させる作戦」(20代女性)というように、ワケあって別れた相手なのだと確認するための視覚的な工夫です。メモリを呼び出した瞬間のギョッとする感覚が、おのずと甘えを封じ込めてくれるのではないでしょうか。

  • 【9】女友達の家に泊まり、一人で過ごす夜をなくす

    「夜寂しいと電話しちゃう」(20代女性)というように、独り身の辛さに耐えきれず電話をする状況を避けるため、強引に毎晩誰かと過ごす方法です。失恋したとき力になってもらうためにも、女友達の恋愛相談には日頃から親身に乗ってあげたほうがいいでしょう。

連絡手段をなくしたり、連絡できない状況に自分を追い込んだり…。元カレに未練があるうちは、失恋から抜け出すための試練だと思って、多少の荒業も試してみましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計225名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock