「遠距離恋愛で良かった」と最終的に思えた理由あるある7パターン


カップルにとって至難が多い遠距離恋愛ですが、離れているからこそかえって2人の絆を深めるきっかけにもなるようです。そこで今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「乗り越えて感じた『遠距離恋愛の利点』」を紹介します。

  • 【1】小さな不平不満に振り回されなくなった

    「会うだけで幸せ」と感じることで、ささいな言い争いも減りそうです。

  • 【2】そばにいるときより、電話やメールでのやりとりが頻繁になった

    離れて初めて相手の大切さを実感し、「失いたくない」と思う気持ちに目覚める人も多いでしょう。

  • 【3】お互いのことを考える時間が増えた

    会えない時間が愛を育てるのです。

  • 【4】「一緒にいたい」という気持ちが強まり、具体的に「結婚」を考えるようになった

    「二人でずっと一緒にいるには?」と考えた先には「結婚」の2文字が浮かぶものです。

  • 【5】デートのたびに新鮮な気持ちがよみがえってきた

    貴重なデートの時間と思えば、おしゃれをしたり、デートプランを考えたりと自然に気合が入るはずです。

  • 【6】次のデートの話題を得るために、いろいろなことに興味を持つようになった

    相手を喜ばせたいという気持ちが高まり、デートの内容も濃くなります。

  • 【7】自分のための時間が増えたことで、趣味が広がった

    会えない時間に自分を磨くことができれば、互いに惚れ直すこともあるでしょう。

会っても会わなくても常に相手の気持ちを考えて行動することが「遠距離」というハンデを好転させる鍵と言えそうです。
Photo:All images by iStock