チャラい男子が「本当に好きな子」にだけ見せる態度9パターン


遊んでいて軽薄そうな男子でも、本気で恋をすると「彼女にふさわしい男になろう」とするもの。では、恋をしたチャラ男は、どんな激変を見せるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性165名に聞いたアンケートを参考に「チャラい男子が、本当に好きな子ができたときだけ見せる態度9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「付き合ってほしい」と言葉にして言う

    「一人に決めたら、ちゃんと交際を申し込みます」(20代男性)というように、遊び人の男子も、本命の女子にはきちんと愛の告白をするようです。普段はキャラのせいで気持ちがいまいち読めなくても、「付き合ってほしい」というオファーがあれば、本気だと判断してもいいのではないでしょうか。

  • 【2】積極的に女子のスケジュールに合わせる

    「少しくらいムリしてでも会う時間を作ると思う」(20代男性)など、会いたい気持ちが何よりも勝るため、相手の予定を最優先にするという意見です。予定が合わなくても「○日はどう?」などと代案を出してくれるなら、努力の証だと思っていいでしょう。

  • 【3】関係を深めるまでに時間をかける

    「遊んでると思われたくないし…」(20代男性)というように、「手が早い」と有名なチャラ男でも、本命の女子とのスキンシップには慎重になるようです。逆に、初回のデートで関係を深めようとするなど強引な面が見えたら、「遊びかも?」と疑ったほうがいいかもしれません。

  • 【4】ほかの女子との関係を整理して一途になる

    「誤解されたら嫌だから、その他大勢の女子とは連絡をとるのをやめます」(20代男性)など、本気になると「遊びたい」という気持ちがおさえられる男子は多いようです。チャラい行動をしていた過去があっても、目の前の誠実な態度を信じてあげてはいかがでしょうか。

  • 【5】知性を感じられる真面目な話題を選ぶ

    「できるだけいいとこ見せたい(苦笑)」(10代男性)というように、ノリだけでトークを乗り切ってきたチャラ男も、本命女子の前では知性派な一面をアピールしたがるようです。逆に、エグい下ネタをふってきたりするなら、あなたが本命である可能性は低いでしょう。

  • 【6】メールや電話でマメに連絡をとる

    「自分も話したいし、信用されたいから」(20代男性)というように、面倒くさがりなチャラ男も、本命女子の信頼を勝ち取るためにはメールや電話を頑張るようです。自分から何もしなくても頻繁に連絡が来るなら、安心してもいいのではないでしょうか。

  • 【7】まわりに好きな人の話をする

    「誰にバレてもいいし、むしろ話したいかも」(20代男性)というように、目移りしないと決めた男子は、彼女への気持ちをまわりにオープンにするようです。SNSにツーショット写真をアップしていたりする場合も、本気度が高いと思っていいでしょう。

  • 【8】結婚を意識したような発言をする

    「本気になると、自然と将来のことも考える」(20代男性)というように、本命女子と付き合い始めると、チャラ男も安定した交際を念頭に置き、結婚を意識し始めるようです。同棲や子どもの話が出始めたら、信用してもいいでしょう。

  • 【9】自分の友達に会わせようとする

    「共通の友達を増やして、もっと自分のことを知ってほしい」(20代男性)というように、親友に紹介された場合は、真剣な交際だと判断しても良さそうです。お返しに自分の女友達にも引き合わせると、「認められた!」と喜んでくれるのではないでしょうか。

チャラ男とはいえ、本気で恋をすれば行動を改めるようです。「遊んでいた」という噂があっても、自分の前で誠実な態度を貫くなら、努力を認め、信じてあげてもいいのかもしれません。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで
対象:合計165名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock