草食男子でも「今夜は帰さない!」と奮起してしまうアプローチ9パターン


「相手に好かれている」という確信がないと女性に対して積極的な行動を起こせない男性も多いようです。そんな奥手な男性を奮い立たせるには、どんなアプローチが有効なのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「草食男子でも『今夜は帰さない!』と奮起してしまうアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】ワザと胸が当たるように腕を組む

    「さすがに理性を保てないかも…」(10代男性)など、胸の感触にコーフンしてしまうという素直な男性は多いようです。煮え切らない男性をあと一押しする「最終手段」として、このくらい露骨に攻めるのもいいかもしれません。

  • 【2】「眠くなってきた…」と体を預けるようにもたれかかる

    「全て委ねられている気持ちになる」(20代男性)など、体を預けられることで「信頼されている!」と実感する男性も多いようです。夕暮れ時のベンチといったロマンチックなシチュエーションだと、より男性の気分も高まりそうです。

  • 【3】夕食後に「次はどこへ連れてってくれるの?」とたずねる

    「次って…もうソレしかないじゃないですか!」(20代男性)など、さりげないお誘いのフレーズによって、ようやく決意を固める男性もいるようです。上目遣いでじっと見つめながら問いかければ、言葉の意味がよりはっきり伝わるでしょう。

  • 【4】「待ってー」と歩く男性の腕を甘えるようにギュッとつかむ

    「かわいらしい行動に愛しさが高まる」(10代男性)など、「萌えるアクション」で一気にヒートアップしてしまう男性もいるようです。そのまま離れず寄り添うように歩いていれば、慎重な男性も迷いを断ち切れるのではないでしょうか。

  • 【5】ストレートに「まだ一緒にいたいな…」とつぶやく

    「間違いようがない」(30代男性)など、真っすぐな言葉を前にすると、どんなに鈍感な男性であっても行動を起こすしかないと思えるようです。何度もデートを重ねているのになかなか誘ってくれないときは、ハッキリと意思表示するしかなさそうです。

  • 【6】体を密着させるようにぶつかってじゃれつく

    「ちょっとウザいくらいがいい」(20代男性)など、かまってもらおうとスキンシップをしてくる女性に対し、好意を感じてニヤけてしまう男性もいるようです。プライドが邪魔して行動が起こせないようなクールな男性には、ややしつこく「好き」オーラを発する必要があるのかもしれません。

  • 【7】「私より肌キレイじゃない?」などと言いながら、素肌に触れさせる

    「触れた瞬間、ドキドキして意識しちゃう」(30代男性)など、女性の肌を感じることで、興奮が高まるという男性は多いようです。ほかにも肌の悩みをグチるなど、自然に触ってもらえるような言い訳を用意してあげると男性も抵抗がなくなりそうです。

  • 【8】「明日もお休みなの」ともっと一緒にいられることをにおわせる

    「朝まで過ごすことで頭がいっぱいになる」(20代男性)など、翌日の予定を聞くことで、「準備オッケー!?」と鼻息が荒くなってしまう男性は多いようです。時間のことを聞いてこない男性に対しては、こちらから「明日は仕事?」と話題を振ってあげるといいでしょう。

  • 【9】帰るか帰らないかのタイミングで「どうする?」と思わせぶりな笑顔でたずねる

    「なんか、エロいっす」(20代男性)など、含みのある発言と表情にあやしいムードを感じるという男性もいるようです。不意打ちの言葉にドギマギしている男性に対しては、ダメ押しに無言でそっと手を握ってあげましょう。

ほかにも「草食男子でも『今夜は帰さない!』と奮起してしまうアプローチ」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock