デート中、男性が「もう我慢できない!」と押し倒したくなる瞬間9パターン


デート中、雰囲気は悪くないのにあと一歩押してこない…。それは相手のエッチな気分のスイッチがオンになっていないせいかもしれません。では、どんなタイミングで男性はムラムラした気持ちが高まるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「デート中、男性が『もう我慢できない!』と押し倒したくなる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】気を抜いているタイミングでふいに腕を組まれたとき

    「急に距離が縮むのでドキッとする」(10代男性)など、突然のスキンシップに気持ちがたかぶってしまうようです。目的地を探して歩いている、話が盛り上がっているといった、男性が何かに夢中になっているタイミングを狙うといいでしょう。

  • 【2】キスしようとしたら、「イヤッ」とイタズラな笑顔で軽く拒否されたとき

    「それを受けて強引にせまる感じがいいw」(20代男性)など、女性側の「じらし」に興奮する男性は多いようです。ただし、もったいぶりすぎて男性に「本当に拒絶されているのかも」と思われないよう、注意が必要です。

  • 【3】並んで座ったら、身を預けるように寄りかかられたとき

    「密着感といいニオイで、体中カチコチに…」(20代男性)など、寄り添われると、相手の女性をイヤでも意識してしまうようです。デートの帰りに「疲れたー」ともたれかかれば、男性も「どっかで休む?」と奮起してしまうかもしれません。

  • 【4】ブラの肩ひもなどがチラッと見えてしまったとき

    「無防備な感じがいい」(10代男性)など、下着がのぞくことで、女性のスキを感じる男性もいるようです。女性が油断した姿を見せることで、男性が「心を許してもらえている」と感じ、エッチな気分になるのかもしれません。

  • 【5】二人でゲームやアトラクションを楽しみながら、近くで息づかいを感じたとき

    「吐息ってなんかエロいっす」(20代男性)など、女性の息づかいからエッチな想像を膨らませてしまう男性もいるようです。遊びを楽しむときは、息や髪の乱れを気にせずに思いっきり没頭したほうが、逆に男性のハートを刺激できそうです。

  • 【6】下ネタに対して、意外なほどのってきたとき

    「お互いにそういうことを考えているんだと思うと…」(20代男性)など、あっけらかんとした下ネタでも、男性にはイヤらしく感じられることもあるようです。ただし、女性から下ネタを連発すると引いてしまう男性も多いので、あくまで相手のフリにのる程度にとどめておきましょう。

  • 【7】地図や看板などを妙に真剣な表情で見つめているとき

    「何かに集中する姿を見つめているといとしくなる」(30代男性)など、他のことに気を取られている女性を客観的にじっくり見つめることで、気持ちがたかぶる男性もいるようです。ふと男性の視線に気づく瞬間があっても、あえて気づかないフリをしてみるのもいいかもしれません。

  • 【8】物を落とすなどのハプニングで「アッ…」とセクシーな声を漏らしたとき

    「こんな声を出すのかなと想像します」(20代男性)など、突然のセクシーな声に体が反応してしまうという男性は多いようです。ハプニングをフォローしてくれようとする男性には、思いっきり甘えて接するとさらに心に火をつけられそうです。

  • 【9】「お風呂」や「着替え」など、裸をイメージさせる話題になったとき

    「会話を続けながらも妄想しちゃいますね」(20代男性)など、何気ない日常会話でも、男性がエッチな気分に浸っていることもあるようです。「体はどこから洗う?」といった質問を投げかければ、自然と男性の気分をエッチな方向へ導けるのではないでしょうか。

ほかにも「デート中、男性が『もう我慢できない!』と押し倒したくなる瞬間」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock