「AVに影響受け過ぎ!」と、Hのときにドン引きした男性の言動9パターン


AV(アダルトビデオ)でとても興奮するシーンを見て、「Hのときに試そう…」と思ったことのある人は少なくないでしょう。しかし、AVには女の子が望まないような描写も多いので、AVと同様のプレイを求めると女の子を引かせてしまう恐れもあります。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「『AVに影響受け過ぎ!』と、Hのときにドン引きした男性の言動9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「顔に出していい?」と真顔で聞く

    「本当に屈辱的…」(20代女性)など、女の子の自尊心を傷つける行為のようです。AVではおなじみかもしれませんが、基本的にこのプレイを受け入れてくれる女の子はごく少数派と考えた方が賢明です。間違っても、「じゃあ、どこならいいの?」などと代替案を求めたりしないようにしましょう。

  • 【2】「もっと喘ぎ声出さないと!」と強要する

    「あんなに演技できないから!」(20代女性)など、女の子は喘ぎ声を強要されることに苦痛を感じるようです。無理に喘ぎ声を求めるより、「◯◯ちゃんの反応好きだよ」と現状の女の子の反応を褒めてみてはいかがでしょうか。女の子もHのときの見られ方を意識し始めるかもしれません。

  • 【3】「次にHするときは制服着てきてね」とコスプレを要求する

    「面倒くさいだけ」(30代女性)と、女の子によっては全然興味を持てない人もいるようです。好みを押し付けるとかえって相手を興ざめさせてしまう恐れもあるので、コスプレしたい場合は女の子の好みを聞くことから始めましょう。

  • 【4】「今まで一番興奮したHは?」など、AVのオープニングのようなトークを展開する

    「本当にムダな行為だと思う」(10代女性)と、前フリのようなトークに意味を見出せない女の子が多いようです。Hの前に卑猥な質問をするだけでは、ただの独りよがりになりかねません。それよりは「ムードを盛り上げるために少しHな会話をしよう」と提案するなど、トークを楽しむ理由を提示したほうがいいでしょう。

  • 【5】「どこが気持ちいいのか言ってごらん」などと直接的な単語を言わせようとする

    「『わざわざ付き合わなきゃいけないの?』って感じ」(20代女性)など、女の子をさめさせる一言のようです。女の子が気持ちいいと感じる部位を答えるまで問いつめる、といった行為はもってのほか。むしろ、自らどこが気持ちいいと白状し、女の子を喜ばせることから始めてみましょう。

  • 【6】「口でして」と当たり前のように求める

    「誰でもするとは思わないでほしい」(20代女性)など、抵抗ある女の子にとって、当たり前のように口ですることを求められるのはツラいようです。拒否された場合、「昔の彼女はやってくれた」とか「みんなやるものだと思っていた」と口にするのはNGです。「変なこと言ってごめんね」と謝るなど、気持ちのいい対応を心がけましょう。

  • 【7】「1人Hしているところ見せて」と興味深そうに言う

    「AV見てなきゃ、こんなバカげた発想が生まれるわけない」(20代女性)と、AVがもたらす代表的な悪影響と思われているようです。自分が女の子の前で1人Hする姿を想像してみると、なんて恥ずかしいことをお願いしようとしていたのだろうと反省できるでしょう。

  • 【8】「1度のHで何回くらいイクの?」と誰もがHで絶頂に達するものだと思い込んでいる

    「『1度もイカないときがほとんどだよ!』って言ってやりたい」(30代女性)など、男性がAVの情報を鵜呑みにしていることに女の子は心底呆れているようです。AVのようにHのとき女の子が必ず絶頂に達するわけではない、ということは常識として覚えておきましょう。

  • 【9】「誰にも見せないからいいでしょ?」と撮影を提案する

    「知り合いに見られたらと想像するとゾッとする…」(20代女性)など、自分を危険に晒すような提案にドン引きする女の子もいるようです。そもそも、女の子は恥ずかしいシーンを撮られることに消極的なので、女の子にとって撮影に積極的になる要素はないと理解しましょう。

「『AVに影響受け過ぎ!』と、Hのときにドン引きした男性の言動」には、ほかにどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock