「大学デビュー女子」がやりがちな恋愛の失敗9パターン


大学入学を機に、「キャンパスで恋したい!」と意気込んだものの、何かを間違ったせいで黒歴史級の過ちを犯してしまう人は少なくありません。そこで今回は、10代から20代の独身女性249名に聞いたアンケートを参考に「『大学デビュー女子』がやりがちな恋愛の失敗9パターン」をご紹介します。

  • 【1】調子に乗ってコンパではしゃぎすぎる

    「そしてどうでもいい男にお持ち帰りされる…」(20代女性)というように、新歓コンパで失態をさらけ出してしまうパターンです。まわりの空気に流されないためには、「バカ騒ぎしている自分を冷静に見つめる視点」を脳内で意識し続ける必要がありそうです。

  • 【2】誰にでも優しい先輩イケメンに見事もてあそばれる

    「人気のある先輩にかまってもらうだけで舞い上がりがち」(10代女性)というように、ずるい男の魂胆を見抜けないためにまんまと遊ばれるパターンです。もし、見るからにモテそうな男性からアプローチを受けた場合は、真に受けずにじっくり情報収集したほうが良いでしょう。

  • 【3】明るいキャラにチェンジしたつもりが、ただのお笑い担当に収まる

    「根暗な私にさよなら!と思って頑張ったのに、単なる盛り上げ役になった」(10代女性)というように、張り切る方向性を微妙に誤り、モテから遠ざかってしまうパターンです。多くの男性が求めているのは「笑顔で癒してくれる女性」なので、「大爆笑させてくれる女性」を目指すのはやりすぎなのかもしれません。

  • 【4】遊ばれないぞ!とガードが堅すぎて良縁を逃す

    「田舎から出てきたので、彼氏が欲しくても、都会の人を警戒してしまいました」(20代女性)というように、恋をしたい気持ちがあっても、一歩踏み出せずに何も得られないパターンです。まずは普通に友達から始めればいいので、心から信用できる相手をじっくり探すと良いでしょう。

  • 【5】女子大に進んでサークルにも参加しなかった結果、異性に出会えない

    「4年間、ただの男友達ですら一人もできなかった…」(20代女性)というように、女性だらけの環境から一歩も出ることなく、大学生活が終わってしまうパターンです。共学よりも圧倒的に出会いのチャンスが少ない状況なので、同世代の男女が集まるバイト先などを開拓すると良いでしょう。

  • 【6】サークル内で出会いと別れをくり返し、居場所を失う

    「部内に元カレが3人いるとか、ほんとありえない!」(20代女性)というように、サークル内で男性をとっかえひっかえした結果、居心地が悪くなってしまうパターンです。特に男性比率の高いグループに属していると、チヤホヤされて勘違いしがちなので気を付けましょう。

  • 【7】気合を入れ過ぎたファッションのせいで、男性が寄ってこない

    「私服での通学にアガりすぎて…今思うと恥ずかしい」(20代女性)というように、独特のおしゃれのせいで、男性ウケが悪くなってしまうパターンです。「モテ」を最優先に考えるなら、男性が好きそうな清楚系スタイルにするのが無難でしょう。

  • 【8】「高校時代から恋多き女」と話を盛りまくって、つじつまがあわなくなる

    「まさか『未経験』だとは言い出せず、話をあわせてました」(20代女性)というように、恋愛経験ゼロなのに背伸びしすぎて収拾がつかなくなってしまうパターンです。むしろ恥を忍んで「実は…」とウブな面を見せたほうが男性の興味を引けるでしょう。

  • 【9】あっという間に男性に転がり込まれ、半同棲生活に突入する

    「場合によっては、おめでた・退学コースも…」(20代女性)というように、気ままな一人暮らしが災いし、だらしない恋愛関係にもつれ込んでしまうパターンです。大好きな彼氏ができても、できるだけケジメのある付き合いを心掛けたほうがいいでしょう。

攻めすぎても、守りに入りすぎても失敗するとわかった大学デビュー。入学当初はなるべく先輩の女子大生と仲良くなり、失敗談を聞いてまわると勉強になることでしょう。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで
対象:合計249名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock