初対面の男性にアピールしたものの、「キャラ設定、失敗した…」と、後悔しがちな○○キャラ9パターン


男性を前にすると、つい自分を良く見せようとがんばってしまう人も多いはず。しかし最初に張り切りすぎた結果、アピールしたキャラをキープすることが辛くなるケースもあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートをもとに「初対面の男性にアピールしたものの、『キャラ設定、失敗した…』と、後悔しがちな○○キャラ」をご紹介します。

  • 【1】面倒見のいい姉御キャラ

    「なんだか人に頼りづらくなりました…」(30代女性)など、世話好きな面をアピールしただけのつもりが、イメージが一人歩きしてサバサバした姉御キャラを演じるハメになることもあるようです。周囲の男性に「姉さん!」などと持ち上げられても、期待に応えるのはそこそこにしておいたほうが良さそうです。

  • 【2】恋愛経験豊富なちょいエロキャラ

    「本当は経験も少ないし奥手なのに…」(20代女性)など、男性の下ネタにノリを合わせてみただけなのに、すっかり真逆のキャラが広まってしまった人もいるようです。男性受けはいいものの、恋愛対象からはずされてしまうケースも多いエロキャラは、開き直って演じきっただけ損をするかもしれません。

  • 【3】ワントーン高めな乙女声キャラ

    「なんとか3時間は持ったけど、次はムリ…」(20代女性)など、自分の中で最大限かわいい声を出してみたものの、息切れしてしまうというケースもあるようです。気を抜いてポロッと出した地声にギャップがあると、男性がドン引きしてしまうことも頭に入れておくべきでしょう。

  • 【4】男が目を離せなくなる天然キャラ

    「本当は天然じゃないから、ネタが続かず困った」(10代女性)など、男性が好きそうなほんわかしたキャラを演じてみたものの、うっかり本来の性格をのぞかせてしまったという人は多いようです。ウソキャラがバレたとき、天然を装う女性は特に「計算高い」というレッテルを貼られやすいので注意しましょう。

  • 【5】マンガやプロレスなどの男文化大好きキャラ

    「男性側が身を乗り出してきたけど、対処できなくなった」(20代女性)など、男性カルチャーに理解を示すと、予想以上の熱気で迎えられてしまうケースも多いようです。その際、男性と同じくらいの知識や情報量を持っていないと、「にわかファン」という冷めた視線を浴びる恐れもあるでしょう。

  • 【6】盛り上げ上手な元気っ子キャラ

    「ヘコんだり、静かにしたりできなくなった」(30代女性)など、男性のために元気と笑顔を振りまいた結果、笑顔の仮面がとれなくなったという人もいるようです。いつも元気な女性が落ち込む姿は男性的にはグッとくるギャップだったりもするので、元気な自分に縛られすぎる必要はないかもしれません。

  • 【7】守ってあげたくなる甘えん坊キャラ

    「本当は何事も自分できっちり進めたいのに…」(20代女性)など、男性に頼りきってみたものの、自分がその状況に耐えきれなくなることもあるようです。一般的な「男性受けするキャラ」に合わせるより、短所を改善するなど自分本来の性格を磨いたほうがポジティブに恋愛できるのかもしれません。

  • 【8】少食気味の控えめキャラ

    「たくさん食べたいのに…本当はギャル曽根並みの食欲なので」(30代女性)など、男性の前で遠慮を重ねることは、やはりストレスをためやすいようです。「もし付き合ったら、そのまま少食でいなきゃいけないかも!?」などとリスクを計算することも大切でしょう。

  • 【9】料理上手な家庭的キャラ

    「どんどんハードルが高くなっていって…」(20代女性)など、ちょっとしたアピールが男性の期待感を膨らませ、本当に手料理を振る舞うことが怖くなってしまうケースもあるようです。とはいえ、自分で必要以上に強調しなければ、料理がそこそこの出来映えでも男性は喜んでくれるのではないでしょうか。

「素の自分では勝負できない」と思う気持ちが、必要以上にキャラを盛ってしまうことにつながっているようです。とはいえ、長い付き合いを考えると、本来の自分の性格にないキャラをムリに演じ続けるのはむずかしいのかもしれません。「長所をちょっとだけ盛る」といった背伸びにとどめておけば、自分を成長させるきっかけになることもあるでしょう。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock