「あまり好きじゃない彼氏」と付き合ってみて良かったこと9パターン


恋愛は、いつも両想いの男女からスタートするわけではありません。男性の強いアプローチに押され、「あまり好きじゃない彼氏」と付き合いはじめた結果、意外にも良い経験ができたという女性もいるようです。今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「『あまり好きじゃない彼氏』と付き合ってみて良かったこと9パターン」をご紹介します。

  • 【1】親しく付き合ってみることで、徐々に相手の良さが見えてきた

    「実はすごく誠実で頼れる人だった」(20代女性)など、付き合う前にはわからなかった彼氏の魅力に、徐々に惹かれていった女性は多いようです。デートを重ねることで見えてくる男性の本質は、第一印象とは大きく違うのかもしれません。

  • 【2】いつのまにか立場が逆転して、毎日のように会いたくなっていた

    「気がついたら私の方が追いかける側になっていた」(20代女性)など、付き合い始めてしばらく経った頃には、むしろ彼氏を追いかけ回すほど好きになってしまったという女性も。一緒にいて居心地がいい彼氏だと、こんな幸せな逆転もあるようです。

  • 【3】男性と接するのが苦手だったが、異性を前にしても緊張しなくなった

    「男性と会話するのも苦手だったので、いい練習ができた」(10代女性)など、男性に対する免疫がついたという女性もいるようです。カップルとして彼氏と身近に接する経験によって、他の男性とも緊張せずにコミュニケーションできるようになりそうです。

  • 【4】なんだかんだと長く続くうちに、掛け替えのない彼氏になった

    「今ではこの彼氏以外に考えられない」(20代女性)など、さまざまな経験を一緒に重ねていくうちに、代わりのいない唯一の存在になるケースもあるようです。二人で過ごす時間が増えるほど、お互いが特別になっていくことは確かでしょう。

  • 【5】10歳以上も年上でも意外と気にならず、恋愛に年は関係ないとわかった

    「オジサンだと思ってたら案外普通に付き合えた」(20代女性)など、付き合ってみるまでは大きく感じた「年齢差」が、意外と重要ではなかったという女性もいるようです。彼氏の性格や二人の相性の方が、年齢よりもずっと大切だといえそうです。

  • 【6】自分が「理想の彼氏」に求めているものがわかった

    「自分がどういう恋愛をしたいのか理解できた」(20代女性)など、実際に彼氏と接することで、理想的な恋人との距離感や、好きなデートの仕方など、自分なりの恋愛スタイルがわかったという人も。頭の中で考えていた理想とは、意外と違うのかもしれません。

  • 【7】ものすごく尽くしてもらい、愛される喜びを味わえた

    「周りから羨ましがられるくらい良くしてもらえた」(20代女性)など、彼氏に惚れ込まれて尽くされる喜びを知ったという女性も。愛されることで女性は安心や幸せを感じるものですが、男性から全力の愛情を捧げられる快感は、また格別なものがありそうです。

  • 【8】逆に相手から振られてしまい、恋愛の難しさがよくわかった

    「消極的な付き合い方をしていたら振られた」(20代女性)など、あまり気乗りしない態度で付き合っていた結果、逆に彼氏から別れを告げられたという人も。お互いに好意を行動で示さなければ、恋愛は続かないということが具体的に学べたようです。

  • 【9】大好きじゃない相手だからこそ、ありのままの自分を見せられた

    「リラックスしていい距離感で付き合える」(20代女性)など、惚れ込み過ぎていない相手の方が、自然体で付き合えていいという女性もいるようです。余計な緊張をすることなく落ち着いた気持ちで一緒にいられる相手は、実は貴重なのかもしれません。

「あまり好きじゃない彼氏」と付き合うかどうかは人それぞれですが、結果的に良かったと思っている人は意外と多いようです。仮に上手く行かずに別れてしまったとしても、現実の恋愛を通じて学んだことは、価値ある経験として次の恋に活かせるのではないでしょうか。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock