「うわ、萌える…」と男性をキュン死させるデート中のオーバーリアクション9パターン


一生懸命デートを企画してくれた男性には、「楽しんでるよ!」という気持ちを態度で示したいもの。恋する乙女なら、まるで舞台女優になったつもりで感情を表現すると、自分も「ヒロイン気分」を味わえて一石二鳥かもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身男性203名に聞いたアンケートを参考に「『うわ、萌える…』と男性をキュン死させるデート中のオーバーリアクション9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】待ち合わせ場所に、手を振りながら小走りで現れる

    「楽しみにしててくれたの!? まさか俺のこと好き!?」(10代男性)と、デート開始1秒で男性をドギマギさせる演出です。「照れ隠し」で男性からぶっきらぼうに応じられても、気にせずご機嫌モードで会話を楽しめば、雰囲気も徐々に温まるでしょう。

  • 【2】電車やレストランの座席に座るとき「ちょこん」と言う

    「さりげない『女の子っぽさ』にドキッ!」(10代男性)など、楽しげな「掛け声」だけで普通の動作に萌え要素をまぶす作戦です。オバサン風の「よいしょ」が口ぐせの人は、ボロが出ないように「天使」や「妖精」になりきるといいでしょう。

  • 【3】動物園や水族館で生き物に熱心に話しかける

    「どんだけピュアなんだよ!」(20代男性)というように、夢中になりすぎる姿を見せつけて、男性からツッコミやあきれ笑いを引き出す方法です。「誘ってよかった」と思われるように、デート中は子供のように無邪気に楽しんでしまいましょう。

  • 【4】男性がほかの女性を見たら、頬をプゥッと膨らませる

    「黙ってムスっとされるより何倍も扱いやすい」(20代男性)など、焼きもちをウエットではなくポップに表現すれば、たちまちかわいい印象に転じます。冗談で「ああいう子が好みなの?」と言うなど、分かりやすい恋人コントに持ち込みましょう。

  • 【5】虫に遭遇したら、本気モードで男性の腕にしがみつく

    「たかが虫に怯える姿に胸キュン」(10代男性)など、「苦手なものを怖がる女性」を守りたくなる男性もいます。助けてもらったあとは、「ありがとう!」「すごいね!」と男性を讃え、テンションを上げさせてしまいましょう。

  • 【6】商業施設のBGMにつられて鼻歌を奏でる

    「リラックスしてる様子を見て愛おしくなる」(30代男性)など、かわいい鼻歌は癒し効果バツグンの演出でしょう。さりげなく「好きな曲」をインプットしてしまえば、男性はその曲を聞くたびにあなたのことを思い出すかもしれません。

  • 【7】映画などのイベント終了後に大きく深呼吸をして「楽しかった」と言う

    「キラキラの笑顔に安堵します」(20代男性)というように、満足感を示す表情は、わかりやすいほうが男性を喜ばせるものです。代金を男性に出してもらったときは、とくにサービス精神を発揮して、大げさに「ありがとう!」と伝えましょう。

  • 【8】飲食店で料理が出てきたら目を見開いて「美味しそう」と笑う

    「女性の笑顔は何よりのごちそうです」(30代男性)など、食事を心から楽しむ様子も男性の気分を大いに盛り上げるようです。カロリーを気にしてちょこちょこ食べ散らかすより、大口を開けてキレイに平らげたほうが、「誘ってよかった」と思ってもらえるでしょう。

  • 【9】帰り際に濡れた瞳で見つめる

    「上目遣いでじっと見られたら、思わず抱きしめたくなる」(10代男性)というように、すばらしいデートの余韻を残すためにも、締めくくりの瞬間こそ、気合を入れて挑みたいもの。「別れが惜しい」と言わんばかりの切なげな表情を見せることで、相手の気持ちをわしづかみにしてしまいましょう。

ささいなことでも楽しむような感情豊かな女性に、男性は惹かれてしまうものです。好きな人とのデートの日には、いつもより少しオーバーな仕草やリアクションを心がけてはいかがですか?(浅原 聡)

【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計203名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock