何年も一緒にいる彼女に対して、「やっぱりこの人はかわいいなあ」と見直す瞬間9パターン


交際が長くなれば、ドキドキする刺激は減ってくるもの。しかし、何年一緒にいたとしても、「やっぱりかわいい!」と男性があらためて彼女の魅力を感じる瞬間は決して少なくないようです。そこで今回は10代から30代の独身男性197名に聞いたアンケートを参考に、「何年も一緒にいる彼女に対して、『やっぱりこの人はかわいいなあ』と見直す瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】髪型や服装に手を抜かず、かわいく着飾っている姿を見たとき

    「たまの遠出でおめかしした彼女の本気に惚れ直す」(20代男性)など、気心が知れて普段着で会うことが増えてくると、全力で着飾った姿を見せるだけで彼氏を感動させられるようです。そんな喜びを味わってもらうためにも、定期的にオシャレしてデートに出かけましょう。

  • 【2】食べ物をおいしそうに食べて、ニコニコの笑顔になっているとき

    「嬉しそうな顔で笑ってる彼女が一番かわいい」(20代男性)など、一緒に食事をする彼女の「おいしい!」という笑顔を見て、ほがらかな気持ちになれる男性も多いようです。楽しく食べるのはもちろん、箸遣いなどのマナーにも気を配りたいものです。

  • 【3】仕事帰りのデートで、スーツやハイヒールがバッチリ決まっているとき

    「休日の私服デートとのギャップで、かなり萌える」(20代男性)など、バリッとオフィススタイルで決めた彼女を見て、喜びに打ち震える男性も少なくないようです。普段がかわいらしいファッションの女性ほど、大人っぽいスーツ姿の魅力が際立つでしょう。

  • 【4】デートのあと、「一緒に行けてよかった」と感謝されたとき

    「こうやって思い出が増えていくんだなーって実感する」(20代男性)など、デートのたびに「二人だから楽しかった」と感謝を伝える彼女に、恋人になれた喜びを感じる男性も多いようです。いつまでも初心を忘れずに、たくさんの思い出を作っていきましょう。

  • 【5】誕生日に、かわいい字で手書きしたメッセージカードをもらったとき

    「ちまちまと丁寧に書いてあって、まごころを感じる」(20代男性)など、手書きのカードを贈る細やかな気遣いは、男心を揺さぶるようです。活字のメールと違って、肉筆だからこそ温かい気持ちが伝わるでしょう。

  • 【6】何度キスをしても、恥ずかしそうに照れるしぐさを見せられたとき

    「いつまでも乙女なところが大好き」(20代男性)など、長年付き合っても恥じらいを失わない姿は、男心を刺激するようです。恋人同士のキスも、慣れれば普通になってくるもの。ドキドキ感を持ち続けて新鮮な関係を保ちましょう。

  • 【7】酔っ払って猫のように甘えられたとき

    「俺の前だけで酒癖が悪いのがすばらしい!」(20代男性)など、一緒にお酒を飲んでゴロゴロ擦り寄ると、たまらなく男性を萌えさせることがあるようです。「あなただけに」と無防備な姿をさらして、二人の関係の特別さを実感させましょう。

  • 【8】仕事や趣味で夢中になっていることを、真剣な顔つきで語られたとき

    「彼女のシリアス顔ってあんまり見ないから新鮮」(20代男性)というように、自分が本気で取り組んでいることをまじめに語ると、男性に驚きを与えられるようです。普段バカ話ばかりするタイプの女性は、数ヶ月に一度くらい、真剣なテーマを論じるといいかもしれません。

  • 【9】彼女が自分以外の人と会話している姿を、客観的に見たとき

    「俺以外と話すときはこういう感じなんだ…って観察すると楽しい」(20代男性)など、「自分の彼女が別の人と話している様子を見るのが好き」だという変わった男性もいるようです。いつもとは違う一面を見せることで、新たな魅力を感じさせましょう。

一緒にいるのが当たり前になっても、彼氏に自分の魅力を見せつけるシチュエーションはたくさんあるようです。最近マンネリを感じている人は、ちょっと工夫するといいかもしれません。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計197名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock