「男友達の多い彼女」に対して彼氏が感じる気苦労9パターン


男友達が多いと、何かと彼氏をモヤモヤさせてしまうこともあるようです。では、どのような気遣いをすれば彼氏の不安や嫉妬を軽くできるのでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身男性167名に聞いたアンケートを参考に「『男友達の多い彼女』に対して彼氏が感じる気苦労」をご紹介します。

  • 【1】どうしても嫉妬してしまい、いちいち疲れる

    「信用はしてるけど、感情的に割り切れない部分も」(20代男性)など、男友達との接触が多い彼女に気をもんでしまう男性は多いようです。デートのときは気合を入れておしゃれするなど、言葉ではなく一目見てわかる形で「あなただけが特別」と示したほうがいいかもしれません。

  • 【2】自分の下半身事情をほかの男性に暴露していないか不安になる

    「自分が男同士でそんな話ばかりしているので…」(20代男性)など、陰で自分のネタを面白おかしく披露されていないか、気になる男性もいるようです。性的なコンプレックスのある男性も多いので、冗談でも気軽に話題にするのは避けたほうがいいでしょう。

  • 【3】すぐに男同士みたいなノリになり、甘いムードになりにくい

    「キスしようとしたら笑われた…」(10代男性)など、イチャイチャしたい気持ちを彼女に茶化されて、傷つく男性もいるようです。二人きりでいるときは、照れずにお互い甘え合うような時間も大切にしてみてはいかがでしょうか。

  • 【4】「○○はそんなことで怒らないよ」とほかの男性を引き合いに出され、気分が悪い

    「NGワード。別れようと思った」(30代男性)など、同じ男性として誰かと比較されることに抵抗を感じる人は多いようです。特に男としての価値や魅力に触れてしまうと、「じゃあ、そいつと付き合えよ」とへそを曲げられてしまうおそれがあるので注意しましょう。

  • 【5】男性に混じって下ネタではしゃぐ姿を見せられると幻滅する

    「見たことない彼女の姿にショックを受けた」(20代男性)など、男友達の前ではあからさまに下品なキャラになるのも誤解を招く恐れがあります。「普段は猫を被ってる?」と疑われても面倒なので、彼氏にも素の自分を見せておいたほうがいいでしょう。

  • 【6】「絶対仲良くなれるよ」とソリの合わない男性を紹介されて気まずい

    「会話も弾まなくて苦痛」(10代男性)など、彼氏を男友達と仲良くさせようとして、裏目に出てしまうケースもあるようです。彼氏が自分から「会いたい」と興味を抱いたのでなければ、無理に引き合わせないほうが無難かもしれません。

  • 【7】「○○は課長になったんだって」など、男友達の近況を聞かされるのがプレッシャーになる

    「嫌味にしか聞こえない」(30代男性)というように、ほかの男性の成功譚を不用意に口にすると、彼氏を変に苛立たせてしまうことがあるようです。出世や年収など、彼氏が気にしそうなテーマは避けたほうがよさそうです。

  • 【8】「あたしは馴染めるから」と、自分の仲間うちの集まりにも顔を出したがってうざい

    「男だけで語り合いたい夜もある」(20代男性)というように、男同士の付き合いの輪に、むやみに入り込もうとするのも迷惑がられてしまいそうです。男性と同席することに自分は抵抗がなかったとしても、場をわきまえたほうがいいでしょう。

  • 【9】周囲の男性に気軽にスキンシップするため、イラッとさせられる

    「価値観が違うのかな…。見ていられないです」(20代男性)など、彼氏以外の男性と親しげに振る舞い、不快な思いをさせてしまうケースです。たとえ「いつものノリ」だとしても、彼氏の感情をくんで自制するのが思いやりかもしれません。

嫉妬や不安をなかなか口にできず、不満を溜め込んでしまう男性の場合、本心に気付いたときには「手遅れ」となってしまう可能性があります。つまらないことですれ違いを生まないためには、相手の気持ちに立って行動する必要がありそうです。(BLOCKBUSTER)


【調査概要】
期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで
対象:合計167名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock