「恋愛に振り回されすぎ!」と女友達を呆れさせてしまう行動9パターン


彼氏ができて浮かれたり、ケンカして激しく落ち込んだりと、恋のあれこれに一喜一憂しすぎる人は要注意。女友達から「ちょっと痛い…」と冷ややかな視線を送られているかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性181名に聞いたアンケートを参考に「『恋愛に振り回されすぎ!』と女友達を呆れさせてしまう行動」をご紹介します。

  • 【1】彼氏からの連絡に即レスするために、人といるときも携帯を離さない

    「友達と一緒にいるのに、スマホばっか見てる」(10代女性)など、彼氏からのメッセージを心待ちにしすぎて、会話が上の空になってしまうようでは、一緒にいる人を不快にさせてしまいそうです。どうしてもというときは、席を外して連絡を取ったほうがいいでしょう。

  • 【2】付き合う男性が変わるたびに服装や化粧が相手の色に染まる

    「合わせてばっかりだと、疲れるよ?」(20代女性)というように、彼氏の好みを優先しすぎて自分を曲げてしまうのも、周囲を心配させるようです。「何でも言う通りになる女」では、彼氏にとっても魅力が半減してしまうおそれがあるので、ほどほどにしておきましょう。

  • 【3】facebooやTwitterで事細かに彼氏との出来事を発表する

    「おっさんの目デカプリクラとかキモイだけだから」(20代女性)というように、SNSで恋愛中心の生活をさらしすぎるのも考えものです。何を投稿しようが勝手ですが、「薄っぺらい人生…」(20代女性)と思われるリスクを心得ましょう。

  • 【4】彼氏との用事を理由に前々から決まっていた予定をドタキャンする

    「忙しいなか時間を作ったのに、こっちの都合は無視ですか…」(30代女性)など、彼氏を優先するために不義理を重ねるようでは、友人から絶交されるのも時間の問題でしょう。長い目で見れば失うものも大きいので、うっかりダブルブッキングしたとしても、冷静に対処したほうがよさそうです。

  • 【5】彼氏との間に嫌なことがあると、その次の日に学校や会社を休む

    「もし別れたら大騒ぎしそうでウザい」(10代女性)というように、ちょっとすれ違いがあったからと言って、関係のない人に迷惑をかけるのはまずいでしょう。気持ちのアップダウンが激しい人は、気持ちの処理の仕方を早めに見つけたほうがいいかもしれません。

  • 【6】何をするにも「彼氏に聞いてみるー」と言って恋人の許可をとる

    「休日にちょっと会うだけなのに、自分で決められないの?」(20代女性)というように、彼氏のOKをもらうのに必死な様子も、他人には痛々しく映るようです。落ち着いて考えれば、確認が必要なことなどそう多くはないはずなので、まずは自分で判断しましょう。

  • 【7】友達同士で集まると、9割9分彼氏の話しかしない

    「別にいいけど人の話をぶった切るのはやめて!」(20代女性)というように、あまりにもくどいのろけ話は、周囲をシラけさせてしまいます。彼氏のことも、自分から口にするのではなく、聞かれたら話すくらいのほうが興味を持ってもらえそうです。

  • 【8】彼氏ができたとたん、連絡が途絶えて消息が分からなくなる

    「ラブラブの時期は平気でこっちをスルーするクセに、別れると絡みたがる…」(20代女性)など、彼氏に夢中になるあまり、人付き合いが雑になるようでは身勝手だと思われても仕方がなさそうです。一人ぼっちになりたくなければ、少し頭を冷やしましょう。

  • 【9】「いい人みつけなよ! ガンバレ!」などと上から目線で恋愛を語る

    「何様ですか?」(30代女性)というように、恋にのぼせて誰彼かまわずアドバイスしまくるのも、迷惑な話でしょう。「恋人がいる幸せをわけてあげよう」という発想自体が、他人にはウザいと覚えておいたほうがよさそうです。

恋愛が一番でもいいですが、ほかのことがおざなりにならないようにしたいところ。浮かれていると、いつかしっぺ返しを食らうかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計181名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock