「これだから年上の女は苦手…」と男性をゲンナリさせる女性の振る舞い9パターン


経験豊富な年上の女性は、男性にとって魅力的に映るときもあれば、逆に可愛げがないと思われることもあります。では、どんな振る舞いが嫌がられるのでしょうか。今回は、『スゴレン』男性読者の意見を参考に「『これだから年上の女は苦手…』と男性をゲンナリさせる女性の振る舞い9パターン」を紹介します。

  • 【1】「あなたってまだまだ子供ね」と見下した態度を見せてくる

    「認められていないみたいでイヤ」(20代男性)のように、「年上だから」というだけで女性から子供扱いをされるとイラ立つ男性は多いようです。「若くてかわいい」などの発言も、男性は「下に見られた」と感じがちなので注意しましょう。

  • 【2】「これだから男って…」のように、達観したような姿勢で男をバカにする

    「男で苦労してそう」(20代男性)と、年上女性が男性をバカにしたような発言をすると、「モテなくてひがみっぽい女」と思われることがあるようです。相手の男性個人の魅力を見つけて褒めるなど、前向きなコメントをしてみてはどうでしょうか。

  • 【3】「若いだけでほかにいいとこないでしょ」など、年下女性に嫉妬しているような発言をする

    「なんだかかわいそう」(20代男性)など、若い女性を過剰に意識している年上の女性に対し、「惨めだな」と感じる男性もいるようです。変に対抗意識を燃やさず、自分自身を磨く努力をしたほうがいいでしょう。

  • 【4】いい年なのに口に食べ物を入れながらしゃべるなど、最低限のマナーができていない

    「大人なのに…」(20代男性)と、年上女性は男性にとって「しっかり者」という印象があるがゆえ、マナー違反は一気に評価を落とすようです。多少気を許した相手だとしても、年下の男性と食事などをする際は、いつも以上に丁寧な振る舞いを心がけましょう。

  • 【5】やたらと「いい男を紹介して」と言ってくる

    「焦りが見えてうざい」(20代男性)など、年上女性が必死に出会いを求める様子は、男性には痛々しく映るようです。「友達も誘ってご飯に行こう」など、あくまで交遊関係を広げたいそぶりで声をかけると、がっついている印象を和らげることができそうです。

  • 【6】「大人なら普通はこれくらいできるでしょ」のように、やたらと「大人」を強調する

    「『大人』を連呼するほうが子供っぽい」(20代男性)など、ケアレスミスを「大人なのに」と切り捨てる年上女性の態度に、器の小ささを感じる男性もいます。後輩や部下を指導する際は、相手を立てることも意識し、謙虚な姿勢で接しましょう。

  • 【7】「どうせおばさんだと思っているんでしょ」など、年齢について自虐的な発言をする

    「その発言がおばさんっぽい」(10代男性)など、本人は年上をネタにした冗談のつもりでも、若い男性にはいじけているように受け取られがちです。年上女性が自ら口にする年齢ネタは、周囲に気を使わせがちなので、避けたほうが無難でしょう。

  • 【8】食事後のお会計で、支払うそぶりも見せずにおごってもらおうとする

    「おごられて当然の態度はNG」(20代男性)と、女性より収入が低い可能性のある年下男性に臆面もなく支払いを任せる態度は、ドン引きされても仕方ないようです。むしろ気前よくおごれば、年上ならではの度量の広さをアピールできて後輩から慕われるかもしれません。

  • 【9】「そういうとき女ってー」と、過去の恋愛経験からしたり顔で説教をしてくる

    「説教されるいわれはない」(20代男性)など、年齢ゆえの豊富な恋愛経験をドヤ顔で語られると、「未熟な男」扱いされているようでイラつく男性もいます。年下男性に対して「女心がわかってない」と思っても、相談されない限りは口を出さないほうが賢明でしょう。

年下男性に対し、「子供っぽい」と感じることもあるでしょう。でも、相手の男性はひとりの大人として接してほしいと思っているようです。相手を立てる振る舞いを見せるのも、大人の女性ならではの余裕ではないでしょうか。(鼠入昌史/Office Ti+)
Photo:All images by iStock