ホームパーティで「空気の読めない女」になってしまう瞬間9パターン


他人の家に「お呼ばれ」されるホームパーティでは、協調性が大事。うっかりハメを外すと、たちまち男性から「空気の読めない困った女」と思われてしまいます。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「ホームパーティで『空気の読めない女』になってしまう瞬間」をご紹介します。

  • 【1】手ぶらで他人の家にやってくる

    「手土産を持っていくのが礼儀でしょ」(20代男性)など、ホームパーティに参加するなら、たとえ会費制であっても手土産を持参するのがマナーと考えられているようです。他の参加者とかぶらないよう、珍しいおつまみやスイーツを買ってみてはいかがでしょうか。

  • 【2】雰囲気に合わないセクシーな格好で登場する

    「気楽な集まりに一人だけ張り切ってこられても困る」(20代男性)など、アットホームな雰囲気のホームパーティには、「言わずもがな」のドレスコードがあるようです。「コスプレパーティ」など変わった趣向のものでなければ、カジュアルな服装のほうが無難でしょう。

  • 【3】準備をまったく手伝わずテレビを見ている

    「そこまで『お客様』気分でいていい場じゃないと思うけど」(20代男性)など、ホームパーティでは「手伝いをするのが当たり前」と考えられているようです。たとえ家主が「座ってて」と言っても、大変そうだなと思ったら手伝いを買って出ましょう。

  • 【4】人前で見苦しいほど男性とイチャつく

    「出会い目的の場じゃないし、もっと落ち着いた雰囲気で楽しみたい」(20代男性)など、パーティ中に男性とベタベタすると、他の参加者に居心地の悪い思いをさせてしまうようです。もっとふたりで話したいなら、パーティ後にお茶を飲みに行ったり、後日改めて会う約束をしたりしてはいかがでしょうか。

  • 【5】出された料理に文句を言う

    「用意してくれた人に対して失礼でしょ。空気が悪くなる」(20代男性)など、出てきた料理に辛口の評価をすると、せっかくの楽しい雰囲気が盛り下がってしまうかもしれません。「辛い」「甘い」など、文句のつもりでなくても批判と受け取られかねない表現はしないよう気をつけましょう。

  • 【6】全員参加のゲームに参加しない

    「『私はパス』とかナシだから! 大人げないなぁ」(20代男性)など、ホームパーティで企画されたゲームには、基本的には全員で参加するものと思ったほうがいいようです。「和を乱さないことが大切」と肝に銘じていれば、誤った態度を避けられるのではないでしょうか。

  • 【7】一人で帰れないほど泥酔する

    「ただただ迷惑。羽目を外すような会じゃないし」(20代男性)など、楽しい雰囲気に飲まれて酩酊してしまうと、男性から白い目で見られてしまうかもしれません。飲み過ぎて具合が悪くなると、他の参加者も心配でパーティどころではなくなってしまうので、お酒好きな人ほど自制しましょう。

  • 【8】勝手に他人の部屋を見てまわる

    「ありえない! 人としてどうかと思う」(20代男性)など、家に呼ばれたからといって、「あれこれ家探ししてもいい」ということではないはずです。興味があるなら「ステキなインテリアだね。他の部屋も見てみたい」と家主にお願いしてみましょう。

  • 【9】片付けをまったくせずに帰る

    「『電車の時間だから』とか言ってサッサと帰った女子に唖然とした」(20代男性)など、最後まで「お客様」気分の女性に対して苦情が届いています。帰りの時間があるなら、「○時には出なきゃいけないから自分の分だけでも片付けを…」と事前に申し出たほうがいいでしょう。

ほかにも「ホームパーティでのこんな態度が不評」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock