超マイペースなB型の先輩と上手く仕事をするコツ9パターン


気分屋、自由奔放など、つき合うのが難しいと思われがちなB型。それが先輩ともなると、気を使うべきポイントも多そうです。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「超マイペースなB型の先輩と上手く仕事をするコツ」についてご紹介します。

  • 【1】機嫌がいいかどうか見極めてから話しかける

    「ここさえ押さえれば、相当つき合いやすくなるはず!」(20代女性)というように、気分のムラが激しいB型の先輩とうまく付き合うには、相手のテンションをはかる必要がありそうです。朝お茶を出す際などに反応を見て、さりげなくその日の機嫌を見定めてはいかがでしょうか。

  • 【2】先輩には自由に動いてもらい、自分はアシストに徹する

    「黒子としてアシストします!」(20代女性)というように、いつでも物事の中心にいたいB型の先輩と付き合うには、相手を上手にたてることを覚えたほうが良さそうです。先輩の動きを先回りして的確にサポートすることができれば、先輩からの信頼もグンと高まりそうです。

  • 【3】理不尽な小言を言われても、いちいち気にせずスルーする

    「意味のないひと言に落ち込むだけ無駄」(30代女性)というように、自分勝手なB型の先輩の言葉に反応してもストレスがたまるだけ。サラリと受け流すのも、時には有効な対処法かもしれません。指摘に対して「すみませんでした」と謝罪はしつつも、気持ちを切り替えて次の仕事に取り組むといいでしょう。

  • 【4】話しかける前に、普段の1.5倍テンションをあげる

    「B型の先輩との会話は、ノリが肝心!」(20代女性)というように、フィーリング重視で生きるB型の先輩とは、テンションを高めに接したほうがよさそうです。人懐っこい笑顔を浮かべ、キラキラした瞳で話しかければ、先輩も妹分としてかわいがってくれるのではないでしょうか。

  • 【5】「先輩さすが!」と、独創的なアイデアを褒める

    「オリジナリティを褒められると上機嫌に(笑)」(20代女性)という声もあり、B型の先輩には、型にはまらない自分のスタイルに自信を持っている人が多いようです。「今度いろいろ教えてください!」と慕い、自尊心をくすぐるのもひとつの手でしょう。

  • 【6】取引先や上司の前では先輩をひたすら立てる

    「B型の人って、顔をつぶされることを何より嫌う気がする」(30代女性)というように、B型の先輩のプライドの高さと上手につきあっていくことも重要なポイントでしょう。たとえ自分の実績でも、取引先や上司の前では「先輩のアドバイスのおかげです!」と言うなど、先輩の力添えあってこその結果だとアピールするとよさそうです。

  • 【7】ゆずれないポイントでは、臆せずに意見を言う

    「ただのいい子はつまんないのかも(笑)」(20代女性)というように、B型の先輩に関しては、言いなりになればいいというものでもないようです。「先輩の意見もいいと思うのですが、別の方法もあるのではないでしょうか」と、相手を立てつつ意見を述べるなど、「機嫌を損ねずに気概を見せるテク」を身につけてはいかがでしょうか。

  • 【8】言動は鵜呑みにせず、7割くらいに受け止める

    「『やってもらって悪いんだけど、気が変わっちゃった!』と言われた時はイラッとした」(30代女性)というように、気分屋のB型の先輩には臨機応変な対応が求められるようです。「ここまでやったのですが…」と、途中で意見を聞きつつ仕事を進めれば、変更があっても被害を最小限に食い止められるでしょう。

  • 【9】自分も同じようにマイペースに仕事をする

    「振り回されると辛いから、相手のやり方に合わせる作戦」(20代女性)というように、B型の先輩のペースに飲み込まれないために、荒技を使う人もいるようです。仕事を頼まれてもその場では引き受けず、「いまやっている仕事が終わったら、声をかけさせていただきます」と、自分の予定を優先してもいいかもしれません。

面倒なイメージの強いB型ですが、ポイントさえ押さえれば、よい関係を築くことができそうです。ほかにも、「超マイペースなB型の先輩と上手く仕事をするコツ」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock