正直ドン引きしてしまう「よそのママの教育方針」9パターン


子育てのポリシーは家庭ごとに違って当たり前。とはいえ、ママ友の偏った主義・信条に唖然としてしまうこともあるでしょう。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「正直ドン引きしてしまう『よそのママの教育方針』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「うちは『叱らない育児』だから」と、子どもが何をしてもたしなめない

    「電車の椅子に靴で立とうが、人の皿のものを奪おうがほったらかし。おかしいでしょ?」(20代女性)というように、「自主性の尊重」と「放任」を履き違えているママには、異論を唱えたい人が多いようです。「感情的に叱らずに、諭すことって大事だよね」と、「正しい解釈」をやんわり伝えましょう。

  • 【2】「文系なら最低でもW大」と、学歴偏重を子どもに植え付ける

    「『無名大学じゃ行くだけムダ』と公言するママ。学校はブランドじゃないと思う」(20代女性)というように、学校名にこだわり過ぎるママを疑問視する人も多いようです。さまざまな学歴のママが集まるなかで、気まずい空気を招いていると感じたら、「どこの学校かより何をしたいかだと思うよ」と笑顔で直球を投げてみましょう。

  • 【3】「幼いうちから本物に触れさせたい」と、場違いな場所に子どもを連れていく

    「『親子で歌舞伎、いいわよー。少しぐらいぐずっても行くべき』と、得意げに語るママ。うちはヒーローショーで十分」(30代女性)というように、TPOを考えないママに、周囲はため息を漏らしてしまいそうです。「子どもに背伸びをさせ過ぎる親って痛いよね」などと、世間話のふりをして軌道修正を促しましょう。

  • 【4】「親が子どもを守ってやらないと」と、すぐに教育委員会にねじこむ

    「体育の成績に納得せず『スイミングに通ってる子は泳げて当然。不公平だ!』と怒鳴り込んだご夫婦。ちょっと怖い」(30代女性)というように、「言ったもん勝ち」的な発想には、呆れるほかないようです。この手の人には、意見しても反撃されるだけなので、「ああはなるまい」と心に刻み、距離をおくほかないようです。

  • 【5】「その場で怒らないと分からないから」と、所かまわず子どもを怒鳴りつける

    「バスの車内で『鼻クソほじるな!』って、そんな大声で言わなくても…」(40代女性)というように、「叱らない育児」の対極にいるママも、別の意味で問題がありそうです。「びっくりした! 私が怒られたかと思っちゃった」と、明るく「周囲の目」を意識させてはどうでしょう。

  • 【6】「100点取ったらゲームソフトね」と、過度な成功報酬を与える

    「ゲーム機にトイプードルと、豪華なエサで子どもを釣るママ。『うちも何か買って』とせがまれて、頭が痛い」(30代女性)というように、「馬の鼻先に人参」も度が過ぎると不評なようです。わが子には「ご褒美がなくても動ける人になってほしいな」と率直な思いを伝えましょう。

  • 【7】「勝たなきゃ意味がない」と、極端な成果主義を主張する

    「『1回戦負けなんてやってる意味がない』と言い捨てたスポ少のママ友。でもがんばった過程も大事だと思う」(40代女性)というように、勝ちにこだわりすぎるママには反論したくもなるでしょう。彼女の考えが主流とならないよう、「挫折や失敗も大切な経験」との考えをそっと表明してもいいかもしれません。

  • 【8】「○○くんはよくできるのにお前はダメね」と、ほかの子と比べて自分の子を卑下する

    「『おたくはリレーに選ばれてすごいね。うちのは何の取り柄もなくて』って、子ども聞いてるよ…」(30代女性)というように、人様の子どもを持ち上げるために我が子をけなしてしまうママは、意外と多いようです。はたから見ても気持ちのいいものではないので、自分も同じことをしていないか振り返ってみましょう。

  • 【9】「幼児期に才能を見つけてあげるのは親の責任」と、過度な早期教育を信奉する

    「『英語耳は9才までで決まる』とか『絶対音感は3才まで』と熱く語るママ。うち、何も習わせてませんが?」(20代女性)というように、幼児教室の回し者のようなママに違和感を覚える人もいます。あおられて感化されないよう気を付けましょう。

子どもの教育方針は十人十色ですが、中には目や耳を疑いたくなるものも。そんな相手に出会った時は、討論して消耗するよりも、反面教師とし、自分を省みる機会にしましょう。(さとういつき)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から4月18日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock