趣味にばっかり没頭する彼氏をデートに誘うセリフ9パターン


趣味人的な男性はもちろん、関係がマンネリ化してくると、男性は彼女より趣味を優先する傾向にあります。そんな彼氏に「休みは彼女とデートしよう」と思ってもらうにはどうしたらいいでしょうか。そこで今回は、20代から30代の男性199名に聞いたアンケートを参考に「休日、趣味に没頭しがちな彼氏をデートに連れ出すための誘い文句」をご紹介します。

  • 【1】「休みの日はあなたと一緒にいたいの!」と素直に甘える

    「仕方ないなぁという気持ちになる」(20代男性)など、可愛く甘えられると心が動く男性は少なくないようです。また、「気持ちをハッキリ言われると心が動く」(20代男性)という意見もあるので、「彼氏に私の気持ちを察してほしい」と受け身でいるのは控えましょう。

  • 【2】「寂しいよ…」と言葉少なにしょんぼりする

    「自分のせいで寂しそうにしているのは見てられない…」(20代男性)など、彼氏の負い目をつっつくパターンです。下手に騒いだりするよりも、深刻な表情で寂しさを醸し出すほうが男性には響くようです。

  • 【3】「仕事でイヤなことがあったの!」とストレスがMAXであることを分かってもらう

    「気持ちはよく分かる」(20代男性)など、男性が抱えがちな辛さをアピールし、共感を得る方法です。ポイントは仕事でストレスが溜まった原因をサラッと説明すること。クドクド話してしまうとグチっぽくなり、聞いているほうもうんざりするのでNGです。

  • 【4】「今日は私が奢るから外に行こう!」とご馳走を約束する

    「我ながら安い男だと思う(笑)」(20代男性)など、「奢る」という言葉に弱い男性は少なくないようです。「何でそこまでしなくてはならないのか?」という意見もありそうですが、一度奢っておくと彼氏に貸しも作れるので、結局はプラマイゼロ。おそらく損はしないはずです。

  • 【5】「新しいパソコン、あなたに相談しながら買いたいの」と頼って男心をくすぐる

    「頼りにされると弱いんですよ(笑)」(20代男性)など、いいところを見せようとする男のプライドを刺激する方法です。特にアカデミック、もしくはテクニカルな内容だと、「良い仕事ができた」と彼氏の自尊心を満たせる可能性が大きいでしょう。

  • 【6】「お昼過ぎまではあなたの趣味に付き合うから、夕方から出かけよう」とギブアンドテイクの案を持ちかける

    「単なる我がままではないのがいい!」(30代男性)など、お互いにメリットがあるプランを提示するパターンです。彼氏が理屈っぽい男性の場合は、こうした納得感のある提案を行えるかどうかが勝負の分かれ目になるかもしれません。

  • 【7】「ヒマでおかしくなりそう」と精神的限界が近いことを知らせる

    「さすがにマズいと思う」(20代男性)など、彼女からのSOSが出たら即座に対応するという意見もありました。ただし、不満を爆発させてキレるとその後のデートが微妙な雰囲気になるので、あくまで「弱っている」というていで進めるのがよさそうです。

  • 【8】「ふたりの時間をもっと大切にしよう」と彼氏が我に返るような一言を口にする

    「ハッとしました!」(20代男性)など、彼氏が冷静になる一言を急に浴びせる方法です。「放って置かれ過ぎて気持ちが離れつつある」というアプローチで慢心している彼氏の不安感を煽るとよいのではないでしょうか。

  • 【9】「あなたの好きなお店にも一緒に行くから」と趣味に合わせたプランが盛り込まれていることをちらつかせる

    「ならいいかと思った」(20代男性)など、ふたりの都合を考え、どちらも楽しめるプランを提案するパターンです。相手の我がままを少しでも満たしてあげることが、彼氏の重い腰を上げることにつながるでしょう。

こうして見ると、「SOSを出す」か「彼氏にデートに行くメリットを提示する」の2パターンに分かれそうです。どちらが響きやすいかは男性のタイプにもよるので、彼氏の思考パターンを分析し、最適なアプローチを選択しましょう。(BLOCKBUSTER)


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで
対象:合計199名(20代、30代の男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock