先輩を「二度と誘わない!」と怒らせる飲み会での振る舞い9パターン


会社の先輩との飲み会は、気配りが肝心です。一度飲みに行っただけで「そういえばあれから誘われないな…」という人は、もしかすると何らかの地雷を踏んでしまったのかもしれません。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「先輩を『二度と誘わない!』と怒らせる飲み会での振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】遠慮なく値段の高いメニューを頼む

    「どういう教育されて育ったんだか!」(20代女性)というように、高額メニューのオーダーは「遠慮が足りない」と不評なようです。もしも先輩がおごるつもりで来ていたのならば、「やっぱり割り勘にしようかな…」と方向転換される可能性もあります。注文の前には、先輩の了解を得たほうがいいでしょう。

  • 【2】「雰囲気がイマイチ」など、先輩が選んだ店にケチをつける

    「私までそのお店に行きづらくなっちゃって、本当に勘弁!」(30代女性)というように、後輩の無礼な態度が原因で、行きつけの店に通えなくなってしまったという悲しい報告もありました。口は災いのもと。たとえ気に入らなくても、店内での悪口はご法度と心得ましょう。

  • 【3】先輩に平気で手酌をさせる

    「気が利かないにもほどがある」(20代女性)というように、先輩のグラスへの注意が足りないと、「後輩力の低い子」と呆れられてしまうかもしれません。逆に、先輩のグラスをたえず横目でチェックして、あいたら「次は何をお飲みになりますか?」と声を掛ければ、気配り上手な子だと好印象を持たれそうです。

  • 【4】チラチラと時計を見て、帰りたそうな素振りを見せる

    「だったら最初から来なきゃいいのに!」(30代女性)というように、心ここにあらずな態度では、先輩が不愉快になっても当然でしょう。同様の理由で、常に携帯をいじっていたり、料理が出てくるたびにSNSに投稿するといった行動も嫌がられそうなので、先輩との飲み会では控えましょう。

  • 【5】ひたすら職場の愚痴ばかりを話す

    「文句しか言わない子といると、本当疲れる…」(20代女性)というように、せっかくの飲み会がただの愚痴会になってしまっては、誘った先輩もがっかりでしょう。こんな日くらいは、恋愛や趣味など、明るく前向きな話をしてはいかがでしょうか。

  • 【6】先輩の話を聞かず、自分の話ばかりする

    「私が、私がって、もうおまえの話はいい!」(30代女性)というように、先輩との飲み会で自分語りをしていると、げんなりされてしまいそうです。飲み会を開いたということは、先輩も話したいことがあるのかもしれません。まずは聞き役に徹したほうがいいでしょう。

  • 【7】帰れなくなるほど飲んだくれ、醜態をさらす

    「いい加減、学生ノリからは卒業してほしい」(30代女性)というように、後輩のみっともない飲み方への怒りの声もありました。不安な人は、お酒とソフトドリンクを交互に飲むなどして悪酔いを予防し、楽しいお酒を心掛けてはいかがでしょうか。

  • 【8】会計時、財布も出さずに「ごちそうさま」と言う

    「後輩でも、『おごられるの前提』な態度にはイラッとする」(30代女性)というように、たとえパフォーマンスだとしても、会計時にはお財布を用意するのがマナーといえそうです。結果的にごちそうになった場合は、翌朝先輩の席へ行って改めてお礼を伝えると、さらに好感度がアップしそうです。

  • 【9】当日になってドタキャンをする

    「『彼氏とデートになっちゃって…』って、信じらんない!」(20代女性)というように、誘ってくれた先輩の気持ちを考えれば、ドタキャンはご法度。仮にキャンセルするにしても、気遣いが必要でしょう。本当のことをすべて話して火に油を注ぐくらいなら、「やむを得ない事情があって」とだけ伝えたほうがよさそうです。

ちょっとしたマナーを押さえられるか否かで、先輩に与える印象がガラリと変わってしまいそうです。ほかにも、「先輩を『二度と誘わない!』と怒らせる飲み会での振る舞い」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock