会議で男性社員をシビレさせる「デキる女の言動」8パターン


仕事ができる女子に好感を抱く男性は少なくありません。では、会議などで男性に「デキるな」と思わせるには、どんな言動を心がければいいのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に、「会議で男性社員をシビレさせる『デキる女の言動』」をご紹介します。

  • 【1】スマホアプリを作る、SNSを利用する、など新しい感覚の意見を提案する

    「おやじだらけの会議で新鮮な意見をくれると、すごくためになる」(30代男性)というように、若い女性ならではのアイデアを提案すると、男性社員に重宝がられることもあるようです。「最近20代の女性に人気のアプリはこれです」など、実際にその場でスマホを見せながらプレゼンするなどのアクションも良いのではないでしょうか。

  • 【2】話が行き詰まっている絶妙のタイミングで、コーヒーブレイクを提案する

    「女性らしい気づかいに感動!」(20代男性)というように、雰囲気をよくしようとする心遣いに男性はグッときてしまうようです。「かゆいところに手が届く」細やかな心遣いを心がけると、女性としての魅力をアピールできるかもしれません。

  • 【3】「売り上げ重視では社員がついてきません!」など、言いづらい正論を述べる

    「言いたくても言えない意見をはっきり言ってくれた。心の中で思わず拍手!」(20代男性)というように、臆することなく正しいことを主張する姿に感銘を受ける男性社員もいました。とはいえ、新人がこのようなことを言うと上司のひんしゅくを買う恐れがあるので、自分が言ってもいい立場かどうかは冷静に見定めたほうがいいでしょう。

  • 【4】普段はカジュアルなのに、会議の時はジャケットを着用する

    「大人びて見えてドキッとした」(30代男性)というように、いつもと違うキリリとした装いに、胸をときめかせる男性も少なくありません。さらに、髪をきちっと束ねたり、メガネをかけるなど、「会議用の自分」を用意しておくと、普段とのギャップに心をくすぐられる男性もいるのではないでしょうか。

  • 【5】会議が長引いても背もたれを使わず、よい姿勢を保つ

    「皆がダラケてきてるのに、ただひとり背筋をピンと伸ばしてた先輩。かっこよくてファンになった」(20代男性)というように、凛とした態度に憧れる男性もいるようです。誰にでもすぐにできることなので、会議中だけでなく、自分のデスクでも実践してはいかがでしょうか。

  • 【6】話を真剣に聞きながら、マイ万年筆を使ってすばやくメモをする

    「万年筆って仕事ができそうな感じがする。思わず手元に見とれてしまった」(30代男性)というように、こなれた様子で万年筆を使う姿に「惚れ惚れした」という声もありました。手頃で女性らしいデザインの万年筆もたくさんあるので、一本持っておいてもいいかもしれません。

  • 【7】「○○さんの意見に賛成です」など、周囲の意見に必ずリアクションする

    「きちんと話を聞いていることがわかるし、会議に積極的に参加している感じがする」(20代男性)というように、話し手の言葉に逐一反応することで、モチベーションを上げることができるようです。会議を活性化するためにも、マメにリアクションするといいでしょう。

  • 【8】「約7割の人が…」など、発言するときには必ず具体的な数字を提示する

    「説得力がある。『なかなかやるな』と思った」(30代男性)というように、事前の下調べがうかがえる、根拠のある意見を述べることで、仕事への真摯な態度がアピールできそうです。ただし、普段の会話でも数字を重視する話し方をすると「堅苦しい」と思われてしまう可能性があるので、メリハリをつける必要はあるでしょう。

ほかにも「会議で男性社員をシビレさせる『デキる女の言動』」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock