不思議ちゃんなAB型の新人に「何、この子!?」と思った瞬間8パターン


個性的で少々浮世離れしているAB型の新人を、どう扱ったらいいのか悩んでいる人もいるでしょう。では実際、彼らにはどんな傾向があるのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「不思議ちゃんなAB型の新人に『何、この子!?』と思った瞬間」をお届けします。

  • 【1】「私、天然なんでー」と仕事のミスを笑い飛ばされたとき

    「天然なのは別に構わないけれど、仕事はきちんとしてくれないと!」(30代女性)というように、失敗しても悪びれないAB型の新人もいるようです。今後も困らされることのないよう、早いうちに「仕事と性格は関係ない」ことをしっかり教えておきましょう。

  • 【2】予定変更が多く、何度もそれに付き合わされたとき

    「決断力がないのか、どうも話が変わることが多い」(20代女性)など、AB型の新人の優柔不断な性格に振り回されているという人もいました。このような後輩がいるなら、「これで本当に決定ね? もう変更はナシよ」と、折に触れてクギをさしてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】自分の意見が通らず泣きだしてしまったとき

    「いくら新人でも、すぐに泣くのは勘弁してもらいたい」(20代女性)というように、AB型の新人の子どもっぽい部分を指摘する声もありました。メンタルが弱い後輩には、「どうしても我慢できないときは、誰も見ていないところで泣きなさい」とアドバイスしておくといいでしょう。

  • 【4】旅行先の民族衣装で出勤してきたとき

    「有給明けに民族衣装で現れたときには、みんなで頭を抱えてしまいました」(30代女性)というように、独自のワールドを追求しすぎてしまうAB型の新人もいるようです。繊細で傷つきやすい傾向も強いので、やんわり「素敵だけど、出勤には向かないかも」と伝えるといいかもしれません。

  • 【5】お弁当を買いに行こうとしたら「私のもー」と当然のように言われたとき

    「先輩を先輩とも思っていない…。そういう一般常識とは離れた場所にいる感じ」(20代女性)など、上下関係などの社会的なルールを無視するAB型の新人の特質を問題視する人もいました。この際、「こういう子」と割り切って付き合えば、いちいちムッとすることもなくなるのではないでしょうか。

  • 【6】仕事中に堂々と居眠りを繰り返したとき

    「居眠りを注意したところ、『眠くってー』と開き直られて参りました」(30代女性)というように、大胆な居眠りを繰り返すAB型の新人も存在しました。まったく悪気はないようなので、「寝てはダメよ」と子どもに諭すように注意してみてはいかがでしょうか。

  • 【7】上司の前で本人の悪口を言ったとき

    「本人の前で『課長のやり方って、時代遅れですよね』と言った後輩。同意を求められても困ります…」(30代女性)というように、AB型の新人は社会人としての処世術に無頓着な一面もあるようです。飲み会などでは、偉い人の近くに座らせないなどの予防策をとったほうがいいかもしれません。

  • 【8】人によって態度を激変させているのを見たとき

    「いつも笑顔で感じいいなあと思っていたら、同期の子をすごい顔でにらんでいてびっくり」(20代女性)など、AB型の新人の二面性に驚いたという声もありました。本音がわからないために付き合いづらいと感じているなら、「本当はどう思ってるの?」とストレートに聞いてみてもいいかもしれません。

AB型の新人は、人とは違う感性を持ち、独自のルールで動く傾向があるようです。社会人としてのマナーは教えつつ、その個性を殺さない指導法を考えてはいかがでしょうか。ほかにも、「AB型の困った新人」に関するエピソードがあれば、ぜひ聞かせてください。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock