つきあい始めたばかりの彼女の「意外な一面」にときめいた瞬間8パターン


交際を開始して間もない時期、相手の「意外な一面」を知った瞬間ほど盛り上がるものはありません。そこで今回は『スゴレン』の男性読者に聞いた「つきあい始めたばかりの彼女の『意外な一面』にときめいた瞬間」について、まとめてご紹介します。

  • 【1】しっかり者だと思っていたら、二人きりのときにはものすごく甘えん坊だったとき

    「外ではてきぱきキャラの彼女が、家ではふにゃふにゃの甘えっ子になると知り、悶絶!」(20代男性)など、交際して初めて知る相手の側面にメロメロの男性は多いようです。「自分だけに見せてくれる顔」という点が、男性にとってたまらないのかもしれません。

  • 【2】スッピンがものすごくかわいかったとき

    「メイクをすると美人系、素顔は幼くてかわいい系」(10代男性)というように、愛する彼女の容姿のよさをノロケる声が多数あがっています。「初めて見たスッピンに感動」(10代男性)と言ってもらうためには、日ごろのケアをぬかりなく行う必要がありそうです。

  • 【3】想像していたより食べっぷりがよかったとき

    予想外に多かったのは、「おいしそうに食べる姿がイイ」(20代男性)など、女性の食べっぷりのよさを歓迎する意見です。「遠慮がちにチマチマと口に運ばれるより、モリモリうまそうに食べてもらったほうが、一緒にいてラク」(20代男性)と考える男性は多いようです。

  • 【4】基本はおっとりしているのに、必要に応じて機敏に対応したとき

    「のんびり屋の彼女が、転んだお年寄りにさっと手を差し伸べる様子に驚いた」(20代男性)など、普段は表に出さない「しっかりしているところ」に感心する男性は多いようです。落ち着いたテンションを好む人でも、危機的な状況においては気持ちを切り替えましょう。

  • 【5】サバサバしたタイプに見えるのに、驚くほどカワイイものが好きだったとき

    「野良猫に赤ちゃん言葉で話しかけているのを目撃」(20代男性)など、カワイイものに弱い女性の姿をほほえましく見守るケースです。さっぱりした気質の女性は、「女の子」っぽい部分を気恥ずかしく思いがちですが、好きな男性の前ではさらけ出したほうが喜ばれるでしょう。

  • 【6】奥手な子だと思っていたら、かなり大胆だったとき

    「向こうからキスをせがまれた」(20代男性)など、女性の大胆な行動は「好きな子なら、うれしいに決まってる」(20代男性)というのが多くの男性の本音のようです。男性をびっくりさせないように様子を見ながら、少しずつスキンシップを試してみるのもひとつの手です。

  • 【7】家庭的なことが苦手そうだと思っていたら、ものすごく料理上手だったとき

    「料理してほしくてつきあってるわけじゃないが、期待以上にうまいと『おっ』と思う」(20代男性)など、女性においしいものを作ってもらって悪い気のする男性はいません。たとえ料理が苦手でも、こっそり相手の好物を作る練習をしておいて無駄にはならないでしょう。

  • 【8】か弱そうに見えて、芯が強い人だとわかったとき

    「つきあってすぐに転勤が決まったとき『距離なんかに負けない』と笑顔で言われた」(20代男性)というように、女性の秘めたる強さを見せられて、愛情を確信するパターンです。どんな困難にもめげず、愛情を貫こうとする姿勢は、男性の心を射抜くのだと思われます。

女性のタイプによって、ほかにもさまざまな「意外な一面にときめいた瞬間」が考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock