男性社員が「放っておけないなー」と可愛がりたくなる後輩女子の言動9パターン


仕事ではたくさんの人の助けを借りるもの。先輩に可愛がってもらえたほうが、何かと得なことが多そうです。では、男性社員はどんなタイプの後輩に好感を持つのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケートを参考に、「男性社員が『放っておけないなー』と可愛がりたくなる後輩女子の言動」をご紹介します。

  • 【1】「大丈夫です、まだまだ頑張れます」と失敗してもくじけない

    「仕事に対して前向きに頑張る子は、ついつい可愛がってしまいます」(30代男性)というように、仕事でガッツを見せる女性には、先輩も目をかけてくれるようです。何かミスをした時こそ、落ち込むのではなく、サッと切り替えて挽回する姿勢を見せるといいのではないでしょうか。

  • 【2】分からないことがあると、「○○さーん」と自分を頼ってくる

    「頼られると悪い気はしないから、つい助けてしまう」(30代男性)というように、自分を頼ってくる後輩を冷たくあしらう男性はいないようです。ただし、一人の先輩に頼りすぎると、周りから「甘えている」と思われかねないので、頻度は減らしたほうが良いかもしれません。

  • 【3】「次は何をすればいいですか?」と積極的に仕事を探す

    「どんどん仕事を求めてくる子にはやる気を感じる」(30代男性)というように、働き者は先輩からのウケもいいようです。また、受け身で指示待ちをしていては、いつまでも成長することができません。自分のスキルアップにもなると思えば、自然と行動も変わってくるのではないでしょうか。

  • 【4】仕事がうまくいくと「嬉しい!」と無邪気に喜ぶ

    「無邪気に喜ぶ姿を見ると、こちらも見ていて嬉しくなる」(20代男性)など、素直に気持ちを表現できるというのも、「可愛い後輩」の重要なポイントのようです。ただし、ネガティブな感情まで表に出すと相手を不快にさせる恐れがあるので、感情を抑えることも覚えたほうがいいでしょう。

  • 【5】説明を聞きながら「詳しく教えてください」と必死にメモをとる

    「熱心な子には、どんどんいろんな仕事を教えたくなる」(20代男性)というように、聞く姿勢がなっていると、先輩から好感を持たれるようです。逆に、メモも取らずに説明を聞き、何度も同じ質問をするような、先輩の手を煩わせる行為は避けましょう。

  • 【6】「ご一緒してもいいですか?」とランチや飲み会についてくる

    「くっついてこられると愛着もわく」(30代男性)というように、後輩が自分を慕っていることがわかると、「可愛いな」と感じる先輩も多いようです。普段から一緒に過ごしていれば、飲み会などでも「先輩は○○好きでしたよね?」と、好みを把握した注文をすることができ、さらに可愛がられるのではないでしょうか。

  • 【7】忙しい時に「○○頑張れー」と自分で自分を応援する

    「仕草や言葉遣いが可愛い子は、妹的に可愛がりたくなるかも」(30代男性)というように、「女の子」っぽい振る舞いは、先輩を兄のような気持ちにさせるようです。ただし、アラサー世代では、キャラとして違和感が出る可能性があるので、どちらかというと若い女性限定のテクかもしれません。

  • 【8】「お酒弱くて…」と顔を赤くしながら飲み会の幹事をする

    「ちょっと弱ってるところが健気でいじらしい」(30代男性)というように、一生懸命さが前面に出ている人は、先輩からも気に入られやすいようです。全力で頑張っていることが伝われば、少しのミスで怒られるということもないのではないでしょうか。

  • 【9】「○○さんみたいになれるよう努力します」と憧れの気持ちを口にする

    「後輩からでも自分を認めてもらえるのは嬉しい」(20代男性)など、「尊敬しています」と口に出すことで、先輩をいい気分にさせられるようです。口だけではなく、先輩のやり方をお手本に仕事に取り組めば、さらに評価があがるのではないでしょうか。

努力を前面に押し出すのが、先輩に可愛がられる秘訣と言えそうです。ほかにも「男性社員が『放っておけないなー』と可愛がりたくなる後輩女子の言動」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(中可南子)


【調査概要】
期間:2013年6月13日(木)から6月20日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock