几帳面なA型の先輩から「かわいい後輩だな」と思われる行動8パターン


一般的に、几帳面で真面目なイメージのあるA型。そんな性格の先輩と上手につき合うには、どう振る舞えばいいでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「几帳面なA型の先輩から『かわいい後輩だな』と思われる行動」をご紹介します。

  • 【1】仕事の進捗について常に細かく報告する

    「常に現状を報告してくれる後輩は安心できる」(20代女性)というように、心配性な先輩には、仕事に漏れがないことを逐一報告して安心させてあげるといいでしょう。タスクをエクセルで表にして見せるなど、「見やすさ」にもこだわるとさらに喜ばれそうです。

  • 【2】資料や原稿の最終チェックなどをお願いする

    「『重要な確認はやはり先輩にお願いしたいです!』と言われると弱い」(20代女性)というように、先輩の几帳面さが活きる場面で、ここぞとばかりに頼ってみてはいかがでしょうか。先輩の気の済むまでチェックができるよう、時間に余裕を持って進めておくとよさそうです。

  • 【3】頼まれた仕事について細かく質問する

    「仕事を頼んだとき、あっさり『わかりました』と言われるとかえって不安」(30代女性)という声もあるように、作業を引き受けるときは理解度の高さをアピールしたほうがよさそうです。先輩の指示を繰り返して、「この解釈で間違いないですか?」など要点を確認するといいでしょう。

  • 【4】借りたものは借りる前よりもきれいにして返す

    「他人に物を貸すこと自体が不安なので、きれいにしてもらえるとホッとする」(20代女性)というように、神経質なところのある先輩の私物を借りるときは、扱いに十分注意して、汚れをふきとるなどしてから返すといいでしょう。また、黙って机の上に置いたりせず、直接渡すか感謝の言葉を添えたメッセージカードを一緒に置いておくと、「細かい気遣いができるな」と感心してもらえそうです。

  • 【5】メールはなるべく即レスを心がける

    「返信が遅いとイライラしてしまう」(30代女性)という声もあり、メールにはすぐに返信して、先輩を待たせないようにしたほうがよさそうです。すぐに対応ができない内容なら、ひとまず「メールを拝受しました」と返信し、メールが届いていることだけでも知らせるようにしましょう。

  • 【6】話しかけるときは「○分いいですか?」と前もって所要時間を伝える

    「せっかちな性格のせいか、ダラダラした話に耐えられないので、前置きがあると助かる」(30代女性)という声もあるように、話すのにかかる時間を先に伝えてあげたほうが親切かもしれません。また、「要点は3つです」などと明快に伝えてから説明すれば、細かいことが気になる先輩をイラつかせずにすみそうです。

  • 【7】言われたことは詳細にメモをとる

    「真剣にメモをとっている姿がかわいいし、『伝わっている』と安心できる」(30代女性)という声もあるように、詳しくメモをとることで、仕事への意欲を見せつけるのもいいでしょう。先輩からのアドバイスをメモに書き、デスクトップに貼っておくと、「ちゃんと実践します!」という良いアピールにもなりそうです。

  • 【8】コピーやホチキス留めを丁寧に行う

    「コピーがずれていたり、ホチキスが雑だったりするとすごく気になる」(30代女性)というように、細かな部分に目がいきがちな先輩には、単純作業も丁寧に行う社員が好まれやすいようです。伝言メモもきれいな字で書く、ファイルを五十音順に並べるなどの心がけも、A型の先輩の心に響くのではないでしょうか。

几帳面なA型の先輩に好かれるためには、正確できめ細やかな仕事ぶりをアピールするといいようです。ほかにも、「几帳面なA型の先輩から『かわいい後輩だな』と思われる行動」について何かエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から5月23日(木)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock