後輩の「イラッと来る言い訳」に対して、笑顔でチクリと刺した上司の一言8パターン


後輩が上司にバレバレの言い訳をしはじめると、職場が嫌な空気に包まれるもの。そんな時の上司の反撃には、見ていて冷や冷やさせられることもあるでしょう。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートから、「後輩の『イラッと来る言い訳』に対して、笑顔でチクリと刺した上司の一言」を集めました。自分が怖い思いをしなくてすむよう、参考にしてください。

  • 【1】「さっきのは嘘だよね?」と、言い訳を聞き終えた後にバッサリ斬る

    「上司に泳がされた挙句、自爆する姿に震えた」(20代女性)というように、上司の「罠にハマった」ケースです。苦しい言い訳に対して「じっくり聞かせてもらおうか」と上司が構えた段階で、すでに危険信号が点滅していると心得て、素直に告白したほうが得策ではないでしょうか。

  • 【2】「そういう人、前にもいてね」と、失敗した人の前例を語り出す

    「完全に後輩の目が泳いでいて、ちょっとかわいそうになった」(20代女性)というように、言い訳の後で上司から「前例者の処罰話」を聞かされて、怖い思いをした人もいるようです。上司が穏やかな口調でいるうちなら「やり直すチャンスがある」と思って、心から反省したほうがいいでしょう。

  • 【3】「権利を主張する前に、義務を果たしてくださいね」と、釘を刺す

    「『でも課長は…』と愚痴りだした瞬間、グサッと指摘されていた」(20代女性)というように、小手先のへりくつで抵抗しようとしても、上司にはかなわないようです。普段から完璧に仕事をこなしている人でもない限り、怒られた段階で権利を振りかざすのはやめたほうが無難ではないでしょうか。

  • 【4】「仏滅に葬式?」「おばあちゃんは何人いるの?」と、矛盾を指摘する

    「上司が電話口で『弔電を打つので住所を教えてください』って、怖っ!」(20代女性)というように、すぐにバレるウソは見破られて当然でしょう。ウソは信頼を失うものです。多少バツが悪くても、矛盾を指摘される前に真実を告白したほうが、印象を良くするチャンスがありそうです。

  • 【5】「大変だったんだね」と必要以上に心配し、良心を追い詰める

    「嘘だってわかってるくせに、心配そうに優しい言葉をかける上司が怖かった」(20代女性)というように、上司が優しい態度で「良心の呵責」に訴えてくるケースです。「バレてない」と高をくくっていると、あとで痛い目にあう可能性があります。上司をあなどったり、優しい態度にあぐらをかいたりしないようにしましょう。

  • 【6】「はいはい、わかったよ」と、子どものような扱いをする

    「次第に声が小さくなって、恥ずかしそうだった」(30代女性)というように、あまりに見え見えの言い訳をすると、上司に適当にあしらわれることもあるようです。上司は「あなたには期待していない」という態度をみせつけているので、今後は仕事での名誉挽回に徹するしかなさそうです。

  • 【7】「それで? なんで? どうして?」と謝罪するまで質問を続ける

    「自業自得だけど、真顔の質問攻めは可哀想」(30代女性)というように、質問攻めで謝罪せざるを得ない状況に立たされることもあるようです。この場合、上司のストレスが溜まり、爆発してしまう前に謝罪したほうが、早く解放してもらえそうです。

  • 【8】「何も言わなくてもいいよ」と言い訳の途中で話を遮る

    「上司の見捨てた対応に、場の空気が凍りついた」(30代女性)というように、あまりにひどい言い訳をすると、最後まで話をさせてもらえないケースもあるようです。怒る気力さえない上司の態度を恐れず、せめて「申し訳ありません」と頭を下げてから仕事に戻ると良いでしょう。

つい「嘘の言い訳」をしてしまうこともあるでしょう。しかし、上司の反撃の怖さを知れば、素直に告白したほうが得策だとわかるはずです。ほかにも「後輩の『イラッと来る言い訳』に対して、笑顔でチクリと刺した上司の一言」に関するエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見や経験談をお待ちしています。(伊藤裕子)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から4月23日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock