義母に「生意気だ!」と思われてしまう「いい嫁アピール」9パターン


義母とはいい関係を築きたいものですが、「いい嫁」だと思われたい一心で、かえって義母の不興を買ってしまう人も多いようです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「義母に『生意気だ!』と思われてしまう『いい嫁アピール』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「こんな重いもの、お義母さんには持たせられません!」と、若さを強調する

    「『若い者に任せて、座っていてください』と気を回したつもりが、『年寄り扱いして!』と逆鱗に…」(20代女性)というように、歳の差を実感させるような発言で、義母の気分を害してしまうことがあるようです。プライドを傷つけないように、細かい言葉選びにも注意しましょう。

  • 【2】「わが家のお出汁は…」と、料理の説明が自慢っぽい

    「『昨日の夜から煮込んだんです』と義母に角煮を出したら、『どうせ私は手抜きばかりですからね』とふてくされ…」(20代女性)というように、料理に関するうんちくは、「私の腕前を舐めてるの?」と義母を憤慨させることもあるようです。「お口に合うかどうか」と謙遜してみせれば、角も立たないでしょう。

  • 【3】「かなり忙しいけど、なんとか頑張ってます」と、仕事の大変さをほのめかす

    「『21時過ぎまで残業することもあって…』と近況を話したら、『息子の稼ぎが悪くてすみませんね』と嫌味を返された」(20代女性)というように、他意なく仕事の話をしただけで、「息子を非難された」と曲解される場合があるようです。働くことを心から応援してくれる義母でない限り、仕事の話題には触れないほうが無難かもしれません。

  • 【4】「この間、大学の同窓会があって…」と、さりげなく学歴をひけらかす

    「『大学の同期が会社を興して…』と世間話をしたつもりが、『有名大学ご出身の方は違うわね』とあらぬ方向に」(20代女性)というように、「学歴」にコンプレックスを感じる義母もいるかもしれません。「でもその人、家事も育児もお姑さんに丸投げで、ひどいんですよ」などとオチをつけておさめましょう。

  • 【5】「母はオシャレにうるさい人だから…」と、実家や身内を持ち上げる

    「『実家の庭は毎年きれいな花がいっぱいで…』と話したら、『じゃあわが家はあなたがよろしく』とギロリ」(20代女性)というように、嫁が実家の自慢話をすることを快く思わない義母は多いようです。義父母の前では「嫁いできたこの家が私の家」という認識で会話するようにしましょう。

  • 【6】「よく料理してくれるんですよ」と、夫の家事参加を手放しで喜ぶ

    「『お風呂掃除は〇〇さんの担当なんです』と夫の助けに感謝しただけなのに、『男に掃除させるなんて…』と白い目」(20代女性)というように、自分の息子が家事にいそしむことをよしとしない人もいるでしょう。夫への感謝は夫に伝え、義母には知らせないほうがよいかもしれません。

  • 【7】「この服、『絶対似合うから』って買ってくれて…」と、夫とののろけ話をする

    「『久々に夫婦で映画に』と話していたら、『結婚前とは違うんだから』となぜか釘を刺された」(20代女性)というように、義母にしてみれば、息子はいつまでも自分だけのものであってほしいようです。「『母さんたちみたいに、ずっと仲のいい夫婦でいような』って言われるんですよ」など、フォローも忘れずに。

  • 【8】「実は涙もろいとこありますから」と、夫の理解者であることを強調する

    「『頼られると、頑張りすぎるから…』と夫を心配したら、『息子のことは私のほうがよく知ってます!』と対抗心剥き出し」(20代女性)というように、妻としての気遣いが義母の気持ちを逆撫ですることがあるでしょう。相手の顔色次第では、「そうですよね」と、さっと身を引いたほうがよさそうです。

  • 【9】「もちろん、いただきます!」と、義父に勧められたお酒を飲みあげる

    「義父の晩酌に付き合っていたら、『女は酒の席にしゃしゃり出ないものよ』とチクリ」(20代女性)というように、お酒の席で堂々と過ごしていると、義母世代には「気の利かない嫁だ」と呆れられる恐れがあります。少し付き合ったら上手に退席するのも「できた嫁」の条件かもしれません。

ほかにも、「こんな態度で義母ににらまれた」というエピソードがあれば教えてください。「いい嫁」として、義母ともずっといい関係でいられたらいいですね。(西村祥子)
Photo:All images by iStock