「孫はぜひ名門校に!」と勝手に熱くなる姑をうまくかわすセリフ9パターン


孫の教育や進路について口出ししてくる姑は、嫁にとって頭の痛い存在でしょう。真っ向から反論せず、できるだけ穏便にやりすごすには、どう対応したらいいのでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『孫はぜひ名門校に!』と勝手に熱くなる姑をうまくかわすセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「そうですねー」と適当に流す

    「『はい、はい』と笑顔で聞いておく」(20代女性)というように、相槌だけを打ち、一切口を挟まないのは無難な対応のひとつです。何か意見を求められても「子どもの進路選びって、難しいですね」などと一般的な感想を述べるにとどめ、タイミングを見計らって話を切り上げましょう。

  • 【2】「なるほど、そんな考えもあるんですね」と受け止める

    「『お義母さんはそう思われるのですか』と一歩引いてコメントする」(30代女性)というように、考えを理解したことを伝えるだけでも、とりあえず相手の興奮が落ち着くかもしれません。しっかり耳を傾けすぎると、調子づいてどんどん乗ってくる恐れがあるので、あまり興味がなさそうに振る舞ったほうがよさそうです。

  • 【3】「夫に相談しますね」と保留にする

    「『私だけでは決められないので…』とお茶を濁す」(40代女性)というように、自分の一存で返答するのではなく、「あなたの息子に聞く」というスタンスを見せれば、少しは納得してくれそうです。もし「あなたはどう思うの?」と問われたら、「うーん、まだ考えがまとまらなくて」などと、あいまいに答えておけばいいでしょう。

  • 【4】「学費が高いでしょうし…」と家計を心配する

    「『残念ながら、わが家のお財布事情では無理なんです』と打ち明ける」(20代女性)というように、教育費を払えないと訴えれば、姑も深追いしにくいでしょう。ただし「子どもの教育費くらいどうにかしなさい!」と怒られても面倒なので、相手のタイプを慎重に見極めましょう。

  • 【5】「まずはあの子に聞いてみます」と自主性を尊重する

    「『本人の希望を第一に考えています』の一点張り」(30代女性)というように、「わが子の意向を優先する」と押し通すのもいいでしょう。「まだ小さいから、わからないわよ」と食い下がられても、「わかるように説明してみますね」と笑顔で受け止めれば、姑も引き下がらざるを得ないかもしれません。

  • 【6】「どうしてそう思われるんですか?」と理由を尋ねる

    「『なぜ名門にこだわるのですか?』とストレートに聞いたら、口ごもっていた」(40代女性)というように、有名校に熱くなるわけを質問すれば、姑の真意を問えるかもしれません。もし共感できる説明でなければ、「はい、そうですか」と話半分で聞き流しておきましょう。

  • 【7】「考えたこともなかったです」と驚いてみせる

    「『放任主義だと思っていたお義母さんがそんなことおっしゃるなんて!』とやんわり反論」(30代女性)というように、姑の発言が「意外」だとおおげさに反応して、相手の出方を見る手もあります。もし夫が、姑の推す「名門校」の出身でなければ、「あの人みたいに育ってほしいんですよ」と主張するのもいいでしょう。

  • 【8】「実はその学校、最近は評判もいまいちのようで…」といい面ばかりではないことを告げる

    「『確かに有名校ですけど、中身はそれほどでも…』と眉をひそめる」(40代女性)というように、その学校に関してネガティブな印象をにおわせ、反撃するのもアリでしょう。とはいえ噂の情報で風評を振りまくのは考えものなので、「いろいろあるかもしれませんし…」と気が進まなさそうにする程度にしておきましょう。

  • 【9】「親同士の付き合いも大変そう」と不安をにじませる

    「『それなりのご家庭のお子さんが多いんでしょうね。私みたいな親じゃついていけないかも…』と弱気なところをみせる」(30代女性)というように、自分自身の問題として「分不相応だ」と謙遜するのも手でしょう。そもそも「入学後」のことを深く考えているわけではない義母の口出しは、話半分に聞いておくくらいでちょうどいいのかもしれません。

ほかにも、「孫は名門校に!」と熱くなる姑をかわせるセリフがあれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock