「私、会社にとって必要な人材かも!」と嬉しくなる瞬間9パターン


仕事をしていて、周囲から「デキる女」とみなされるのは嬉しいもの。ではどんなときに、会社での自分の存在価値が実感できるのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『私、会社にとって必要な人材かも!』と嬉しくなる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】チーム全体の今後の業務について、上司に相談されたとき

    「自分の意見が尊重されている気がします」(20代女性)など、上司から相談を持ちかけられると、「信頼されている!」と感じる人もいるようです。自分の業務だけでなく、常にチームの仲間が何をしているか把握しておくと、周囲から頼りにされる存在になれるでしょう。

  • 【2】ルーティンワークを誰よりも早く正確にこなせたとき

    「誰でもできる仕事だけど、私がすることに意義が見いだせると嬉しい」(20代女性)と、コピー取りや企画書の清書などの単純作業でも、他人との間に明確な差が生じれば、達成感を得られそうです。ケータイのストップウォッチ機能を活用するなどして、ゲーム感覚で作業の効率アップを狙ってはいかがでしょうか。

  • 【3】「○○さんに任せて正解だった、ありがとう」と先輩に感謝されたとき

    「期待に応えられた、と実感できるので」(20代女性)など、うまく進んだ仕事に対してお礼を言われると、たまらなく嬉しくなる人もいるようです。「お手伝いできることがあれば、またお声がけくださいね」と申し出れば、さらに信頼度がアップするでしょう。

  • 【4】同僚からアドバイスを頼まれたとき

    「できない人には、アドバイスは求めないと思う」(20代女性)というように、頼られるのは仕事が認められている証拠だと感じ、嬉しくなる人も多いようです。助言をするときには、なるべく自分の意見を押しつけないようにすると、「また相談したい」と思われるかもしれません。

  • 【5】休んだ次の日に「あなたがいなくて大変だった」と言われたとき

    「『○○さんがいないと仕事が回らない』と言われて、頑張らなきゃと気が引き締まりました」(30代女性)のように、上司や同僚に「あなたにいてもらわないと困る」と言われるのも嬉しい瞬間でしょう。自分から仕事を見つけて、休んだ分を挽回すると、さらなる充実感を得られそうです。

  • 【6】残業や休日出勤を頼みこまれたとき

    「迷惑な反面、『私がやらねば!』とも思います」(20代女性)のように、超過勤務を求められたときにやりがいを感じる人もいました。ただし、いつも安請け合いをすると「便利な人」にされる危険性があるので、厳しい場合はきっぱりと断ることも必要でしょう。

  • 【7】取引先やお客から名指しで対応をお願いされたとき

    「『○○さんでなくちゃ』と言われて、頑張ってきてよかったと感激」(20代女性)と、仕事相手からのご指名も「必要とされてる!」と実感できるポイントのようです。忙しくても丁寧な対応や笑顔を心がけ、取引先やお客様から好印象を持たれる努力をしてはどうでしょうか。

  • 【8】「売上に貢献できた」とデータを見て実感できたとき

    「自分の営業成績が上がったときには、『私がいなくちゃ』とうぬぼれてしまいます」(30代女性)など、業績アップが数字で表れた瞬間に職場での自分の存在意義を感じる人もいました。とはいえ、周囲から余計な嫉妬や悪意を抱かれないよう、感じた嬉しさは心の中にとどめておくのが賢明でしょう。

  • 【9】ちょっと席を離れた間に、メールや伝言メモがてんこもりだったとき

    「『わー、私って人気者』と思っちゃう(笑)」(20代女性)など、あちこちから連絡が入っている状況も、オンタイムの充実ぶりが実感できるようです。たまった仕事は優先順位を決めて効率よく処理していけば、さらにみんなから求められる存在になれるかもしれません。

せっかく働くのなら、会社の役に立っていると実感したいもの。そのためには、日々の地道な作業の積み重ねが大切なようです。ほかにも、「私、会社に必要な人材かも!」と感じたエピソードがあれば、ぜひ聞かせてください。(萩原はるな)


【調査概要】
期間:2013年4月16日(火)から4月23日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock