年下に全く興味がなかった私をときめかせた後輩男子の一言9パターン


年下に興味はないと思っていても、「一緒に働いているうちに、不覚にもドキッとしてしまった」という人もいるはず。では、一体どんなことが恋心を抱くきっかけになりうるのでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「年下に全く興味がなかった私をときめかせた後輩男子の一言」をご紹介します。

  • 【1】「○○さんて、いつもいい匂いしますね」と、恥ずかしいことをさらりと言う

    「普段言われ慣れていないことを言われてドキドキ!」(20代女性)など、意表をつかれてトキメキを感じるという人も多いようです。日頃から身だしなみには気をつけて、後輩が思わず褒めてしまうようなステキな先輩を目指しましょう。

  • 【2】「僕、年上好きなんです」と軽くアピールする

    「『もしかして私のこと言っているの!?』と思わず勘違いしそうになります」(20代女性)というように、思わせぶりな言動にキュンとしてしまうという女性もいます。「年上好き」を公言する男子には、仕事をバリバリこなす姿など、年上の女性らしい魅力を見せつけて、いっそ虜にしてはいかがでしょうか。

  • 【3】「今日、元気ないですね」と体調を心配する

    「『いつも私のことを見ていてくれているんだな』とうれしくなる」(20代女性)など、優しい心遣いに胸を打たれたという声もあります。逆に、彼の体調がすぐれないときには声をかけたり、差し入れをしたりして、好感度を上げるという手もあるのではないでしょうか。

  • 【4】「○○さん」と下の名前で呼ぶ

    「会社では名字で呼ばれることが多いので、呼ばれるたびにドギマギしちゃう」(20代女性)と、特別な呼び方をされると異性として意識してしまう女性もいるようです。ただし、仕事中に下の名前で呼び合うと、周りから怪しまれる可能性もあるので、少し注意が必要かもしれません。

  • 【5】「制服もいいけど私服もステキですね」とストレートに褒める

    「お世辞だと分かっていても褒められると嬉しくて、うっかり好きになっちゃいそう(笑)」(20代女性)など、真正面から持ち上げられると、照れつつも相手に好感を抱く女性が多いようです。「○○くんもいつもカッコいいね」など、自然に褒め返せるようになると、逆に男子をドキッとさせられるのではないでしょうか。

  • 【6】「今度2人で遊びにいきませんか?」とデートに誘う

    「2人きりのときに突然誘われて、どこまで本気かわからず焦った」(20代女性)というように、プライベートなお誘いにドキドキしない女性は少ないようです。彼が本気で誘ってくれているのであれば、茶化さず真摯にこたえてあげましょう。

  • 【7】「手が小さいですね」など、気軽にスキンシップしてくる

    「向こうは何とも思っていなくても、こちらは肌が触れるだけで一大事!」(20代女性)というように、肌と肌の触れ合いをきっかけに相手を意識してしまう女性もいるようです。とはいえ、男子もスキンシップにはドキドキするもの。書類の受け渡しの際などにさりげなく触れて、相手に意識させてもいいかもしれません。

  • 【8】「いろいろ教えてください」と、可愛く甘える

    「甘えられると何でもしてあげたくなってしまいます…」(20代女性)など、年下の特権を上手く使った甘え方に、内心ときめいてしまったという女性もいます。後輩から甘えられるのは、「頼り甲斐のある先輩」のバロメータでもあります。普段から面倒見のよさを発揮しておくことがポイントになるでしょう。

  • 【9】「残すならもらってもいいですか」と食べ残したランチをモリモリ食べる

    「年甲斐もなく間接キスを意識しちゃいます。いっぱい食べるのも見ていて楽しい」(30代女性)など、男らしく食べる後輩の姿に心をつかまれたという声もあります。女性の食べ方も男性からチェックされている場合が多いので、お箸の使い方などマナーには気をつけましょう。

ほかにも「年下に全く興味がなかった私をときめかせた後輩男子の一言」に関するエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(中可南子)
Photo:All images by iStock