「オレに気がある?」と思わせる、愛され女子のさりげない伝言メモ9パターン


職場の男性から愛される女性は、伝言メモも上手に活用し、好感度をアップさせているようです。では、どんな伝言メモが男性の心をつかむのでしょうか。そこで今回は、20代から40代の未婚男性500名に聞いたアンケート結果を参考に「『オレに気がある?』と思わせる、愛され女子のさりげない伝言メモ」をご紹介します。

  • 【1】「新しい髪型似合いますね!」など、髪型の変化に対するひとこと

    「ちょっとした違いにも気づいてくれると、ドキッとする」(20代男性)というように、わずかな変化にも反応する、細やかな気遣いを喜ぶ男性は多いようです。「去年までの髪型も好きでしたよ!」など、「前々から見てます」というアピールも、男性社員のハートをときめかせそうです。

  • 【2】「お仕事おつかれさまです!」など、労いのひとこと

    「ド定番だけどうれしい」(20代男性)というように、仕事で疲れた心が労いの言葉で癒やされたという報告もありました。メモと一緒にキャンディなどのちょっとしたおやつを置いておけば、思わぬプレゼントでさらに喜んでもらえそうです。

  • 【3】「今度、飲みにいきませんか?」など、お誘いのひとこと

    「メモを見て、ニヤニヤしてしまった(笑)」(20代男性)というように、距離を縮めたい相手に自分を意識してもらうためには、効果的な方法といえそうです。直近で自分の空いている日も書き添えておくと、本気度が伝わり、相手もすぐに返事をしやすいでしょう。

  • 【4】「この間すすめてもらった映画見ました!」など、最近の会話に関するひとこと

    「雑談にもレスをくれる子は好感度大」(40代男性)というように、愛され女子は、日常のなにげない会話も社交辞令で終わらせない努力をしているようです。「新作映画の○○は見ましたか?」など、疑問系コメントも交えて、やりとりが続くような工夫をしてもいいかもしれません。

  • 【5】「今日、経費精算の締め切りなのでお忘れなく!」など、世話女房的なひとこと

    「オレのことは、なんでもわかってくれてるなと思う(笑)」(30代男性)というように、女性から世話を焼かれることに喜びを感じるという声もありました。ただし、口うるさく言われることを嫌がる男性もいるので、相手のキャラクターを見て使いわけるようにしましょう。

  • 【6】「風邪、お大事に」など、体調を気遣うひとこと

    「誰も気づいていないのに、『調子悪い?』と心配された時はグッときた」(20代男性)というように、自分のことをよく見てくれている女性にキュンとする男性もいるようです。体調の悪い男性が早く帰宅できるよう、仕事を手伝うなどの積極的なフォローをすると、さらに感謝されそうです。

  • 【7】「営業先からの電話、いいお返事でありますように!」など、エールを送るひとこと

    「やさしさに、ほっこり」(20代男性)というように、前向きな応援コメントは、誰でもうれしいものではないでしょうか。また、電話の相手から伝言を受けた場合には、「返事を焦っていたか」「相手の機嫌がよかったか」などもあわせて伝えると、気の利く子だと思ってもらえるでしょう。

  • 【8】「今月の成績、絶好調ですね!」など、仕事ぶりを褒めるひとこと

    「仕事でスゴイと言ってもらえるのは、男としてうれしい」(40代男性)というように、仕事ぶりへのストレートな評価は、男心をくすぐるようです。「部長も褒めていましたよ!」と、周囲の評判も伝えつつ、男性の自尊心を満たしてあげてはいかがでしょうか。

  • 【9】「ファイト!」など、かわいいイラスト付きのひとこと

    「わざわざ絵を描いてくれるなんて、それなりに好感は持たれてるのかなと思っちゃう」(20代男性)というように、ひと手間かけた伝言メモは自分への関心度を計るバロメーターとも捉えられているようです。ただし、あくまで職場なので、イラスト入りのメモを快く思わない人もいるかもしれません。相手を選ぶ必要はありそうです。

ほかにも、「『オレに気がある?』と思わせる、愛され女子のさりげない伝言メモ」について、エピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(大竹康予/Litofura)


【調査概要】
期間:2013年3月25日(月)から4月1日(月)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の未婚男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock