男性が「やっぱり支えてくれるのは彼女なんだ!」と確信した瞬間9パターン


男性にとって、大好きな彼女がそばに居てくれることは大きな喜びです。それを実感する機会が多いほど、「彼女を大切にしたい」「良い関係を続けたい」という気持ちもまた大きくなるはず。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「男性が『やっぱり支えてくれるのは彼女なんだ!』と確信した瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】疲れているときでも数回のメールのやり取りでテンションが上がるとき

    「彼女のメールがエネルギー源」(20代男性)など、仕事中でも簡単なメールをサッとやり取りするだけで、男性は元気が湧いてくるようです。彼氏が忙しそうなときこそ、「仕事がんばって。忙しかったら返事はいいよ」と一文送ってみてはいかがでしょう。

  • 【2】同僚や男友達には言えないグチを黙って聞いてくれたとき

    「世界で一番、素の自分をさらけ出せる相手だと思う」(20代男性)など、ついグチをこぼしがちな彼氏は、それだけ彼女を信用しているのかもしれません。あまり深刻にならずともきちんと話を聞き、「元気出して!」と言ってあげれば、十分喜んでくれそうです。

  • 【3】一人暮らしで風邪を引いた自分を、手厚く看病してくれたとき

    「一人だと本当に心細いので、救われた」(20代男性)など、風邪で寝込んでいる彼氏を看病してあげると、心から感謝されるようです。必要なものを買い込んで行き、消化のいい食事を作ってあげるなど、できる限りのことをしてあげたいものです。

  • 【4】恋人向けのイベントの日を、二人で楽しく過ごせるとき

    「一人きりで過ごしたクリスマスを思い出すと震える」(20代男性)など、恋人たちが一緒に過ごすイベントの日こそ、彼女の存在に感謝する男性も多いようです。記念日などは少し特別なデートをして、お互いの大切さを確認しあえるとよいでしょう。

  • 【5】落ち込んでいる自分を親身になって励ましてくれたとき

    「『私はいつでも貴方の味方だよ』と言われたのが泣くほど嬉しかった」(10代男性)など、彼氏のことを心から信じる女性の気持ちは、男性にとって大きな信頼感につながるようです。落ち込んでいる理由をじっくり聞いてあげれば、きっと立ち直ってくれるでしょう。

  • 【6】仕事でヘトヘトになって帰宅した日に、彼女が家にいてくれたとき

    「待っててくれる人がいると元気が出る」(20代男性)など、一人暮らしで働いている男性のなかには、彼女が家で待っていることに強い喜びを感じる人もいるようです。同棲や結婚など、次のステップに進むタイミングも遠くないかもしれません。

  • 【7】かつて失恋した思い出の場所に、堂々と足を踏み入れられたとき

    「トラウマを克服できた」(20代男性)など、「元カノに振られた場所」のような負の思い出スポットに、大好きな彼女と一緒だから再訪できたという男性も。過去の悲しみを乗り越えることで、現在の幸せを噛み締めることができそうです。

  • 【8】受験や進路で悩んでいる自分と、具体的な対策を一緒に考えてくれたとき

    「超頼りになる!と思った」(10代男性)など、悩みごとを共有できる彼女の存在に、頼り甲斐を感じている男性もいるようです。彼氏の話をしっかり聞き、現実的なアドバイスをすることで、ますます信頼してもらえそうです。

  • 【9】「将来の二人のこと」を考えて幸せなイメージが膨らむとき

    「自分の未来が楽しみになる」(20代男性)など、彼女と幸せな家庭を築けそうな予感は、男性を前向きな気持ちにさせるようです。得意料理を振る舞うなど、家庭的な一面をアピールすることで、彼氏の想像もますます膨らむでしょう。

楽しい経験を一緒に重ねるのは素晴らしいことですが、むしろ彼氏が弱っていたり、悩んでいるときに支えてあげる存在になることで、「彼女が居てくれてよかった!」と思ってもらえる機会が増えそうです。離れているときも気持ちがつながっているような、特別な信頼関係を築いていきたいものです。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock