上司に「ウザッ」と思われる注意されたあとのふるまい9パターン


上司に叱られたあとは、どうしても落ち込んでしまいがち。かといって、いつまでもいじけていると、余計にイラつかれてしまうかもしれません。そこで今回は、後輩を持つ『スゴエル』読者へのアンケートを参考に、「上司に『ウザッ』と思われる注意されたあとのふるまい」をご紹介します。

  • 【1】「私ってそんなにダメですか?」と泣き出す

    「泣かれたときのフォローまでする体力はない!」(30代女性)というように、たとえ自信をなくしたからといって、泣くと上司にとっても大きな負担になってしまいそうです。泣いて気持ちを切り替えたいなら、せめてトイレなど人目につかない場所を選びましょう。

  • 【2】「だいたいわかったと思います」と曖昧な返事をする

    「『いや、わかってないだろ!』と余計にイラっとする」(30代女性)という意見からもわかるように、「だいたい」「なんとなく」などと曖昧に答えると、上司の怒りと不安を煽ってしまいそうです。理解できるまできちんと聞く姿勢で向き合えば、むしろ好評価を得られるのではないでしょうか。

  • 【3】「はあー」と、やたら大きなため息をつく

    「これみよがしにため息をつかれると『注意する側の気持ちもわかってよ…』とげんなり」(30代女性)と、たとえ納得いかない部分があったとしても、それを上司に態度で示すのは考えものです。見返すくらいの気持ちで仕事に集中したほうが、上司の機嫌を損ねずに済むかもしれません。

  • 【4】「励ましてくださぁい」と他の社員に甘える

    「『他人に甘えるな!』とさらに注意したくなる」(30代女性)など、周りに「叱られた可哀想な私」をアピールすると、上司の怒りにさらに油を注ぐことになるかもしれません。上司に見えないところで、仲のいい同僚に愚痴を言う程度にしたほうが無難ではないでしょうか。

  • 【5】仕事が手につかないほど落ち込む

    「そこまで落ち込まれると『きつく言い過ぎたかな』と心配になる」(30代女性)というように、あまりにも凹んだ姿を見せると、上司に余計な心配をかけてしまうかもしれません。気持ちをさっと切り替えて、さっぱりした態度で仕事に挑んでみてはいかがでしょうか。

  • 【6】「まだ怒ってますー?」などとあからさまに機嫌をうかがう

    「『茶化しているのか?』と思ってしまう」(30代女性)というように、安易に機嫌をうかがうと、「反省の色が見えない」と判断されてしまうかもしれません。相手を余計に怒らせるだけなので、今後の仕事のクオリティで機嫌をとるくらいの気概を持ったほうがいいでしょう。

  • 【7】注意などなかったかのように周りと私語をして笑っている

    「『私が注意した意味は何だったの?』とがく然としてしまう」(30代女性)というように、あまりにあっけらかんとした態度をとると、上司に「注意が効いていない」と思われてしまうかもしれません。沈み込む必要はありませんが、しばらくは私語を控えて、自粛モードで仕事に取り組みましょう。

  • 【8】「い、今いいですか」と必要以上に気を使う

    「あまりにびびられると、こっちが悪者になった気分」(30代女性)という意見からもわかるように、卑屈な態度で接すると、上司に「今後注意しづらいな」と思われてしまうでしょう。また、あまりにもおどおどした態度をとり続けると、上司に「うっとうしい」と思われかねないので気をつけましょう。

  • 【9】黙って屋上などに消えてしまう

    「他の社員が『あの人どこいったの?』なんて騒ぎ出したら、こっちの立場がない」(30代女性)と、軽く「失踪」と思われるような行動は、みんなの不安を煽り、信用を落とすだけの結果になりそうです。落ち込んだときも周りに迷惑をかけないよう心がけるのが、社会人としての最低限のマナーではないでしょうか。

ほかにも「上司に『ウザッ』と思われる注意されたあとのふるまい」について何かエピソードがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(持丸未来)
Photo:All images by iStock