幼稚園ママが「人間関係ってしんどい!」と思う瞬間9パターン


幼稚園では、ベビー時代より広い範囲の「ママ友」との交際が始まります。その分、意に沿わないつき合いも増えて、わずらわしさを感じる人も多いようです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「幼稚園ママが『人間関係ってしんどい!』と思う瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】いろんな家庭の内情がママ友ネットワークで広まるとき

    「学歴やご主人の勤め先を皆よく知っているうえ、ちょっと話したことがその場にいなかった人にも伝わってるのがイヤ!」(30代女性)というように、園ママの噂話に辟易した経験のある人は多いようです。距離を保ってつき合うことが難しいなら、せめて「○○さんがこう言ってたわよ」とささやかれる情報源にならないように注意しましょう。

  • 【2】子どもが仲良しだからと、親同士も親しくせざるをえないとき

    「お迎えのあと、子どもがお友達と遊びたがっても、相手のママがなじみのない人だとおっくうで…」(20代女性)というように、子どもが仲良しなら親同士も気が合うとは限りません。親密でない相手と長時間過ごすときには、「児童館の手遊び講座に参加する」など、会話がなくても間が持つ企画を立てましょう。

  • 【3】家に招いて遊ぶ集まりで、誰と誰をよぶべきか悩むとき

    「誕生会を開くとき、『お誘いもれ』は大ヒンシュク。逆にわが子が誘われないと大ショック!」(30代女性)というように、特別な会の招待客選びは、多くのママにとって悩みの種のようです。迷うぐらいなら、「駄菓子バイキングでおもてなし」など、大人数を招く工夫を考えたほうが気楽かもしれません。

  • 【4】陰口を言っていたはずの相手と、楽しそうに話しているママを見たとき

    「本人がいないところで陰口をたたく人は、私のことも悪く言ってる気がする…」(30代女性)というように、裏表のあるママ友の姿を目の当たりにして、人間不信に陥る人も多いようです。間違っても、他人の悪口に「だよねぇ」などとうなずいて、同類だと思われないよう用心しましょう。

  • 【5】「お土産を渡すのが翌日になった」など、ちっちゃなミスに嫌味を言われるとき

    「持ち寄りのお菓子を忘れただけで、『あなたは倹約家だから』と毎回しつこい…」(30代女性)というように、些細な失敗をいつまでもあげつらうママもいます。カチンときても「マイッタな(笑)」と明るく振る舞っておけば、「ヤナ感じよね!」とこっそり慰めてくれる同士も出てくるでしょう。

  • 【6】ランチ会などで、金銭感覚の違いを感じるとき

    「ホテルで昼食だなんて、わたしにはセレブすぎる…」(20代女性)というように、日常的なお付き合いのなかで、経済力の違いを見せつけられる場合もあるでしょう。「わっ!お財布厳しいなぁ」と素直に言えないのなら、理由をつけて参加の頻度を落とすしかなさそうです。

  • 【7】「うちの子自慢」ばかりするママに合わせているとき

    「『クリエイティブな遊びを知ったら、ゲームなんて自然に卒業すると思うの』みたいなご高説にウンザリ!」(30代女性)というように、上から目線で語るママの存在がストレスになることもあるようです。とはいえそのママが自慢に値する子を上手に育てているのなら、ウザさに目をつぶって、育児法を真似してみるのもいいでしょう。

  • 【8】習い事など、園以外の場でもいっしょの行動を強いられるとき

    「ヨガ教室で、園バスの顔見知りママにバッタリ。以来お茶に誘われるのが面倒で…」(20代女性)というように、近いエリアに住んでいる場合、ママの趣味や子どもの習い事で同席する羽目になることも珍しくありません。どうしても避けたいなら「ほかの用事とバッティングして…」などと言って、曜日を変えましょう。

  • 【9】「パパも一緒に!」などと、家族ぐるみの付き合いを強要されるとき

    「うちはインドア派なのに、『みんなでキャンプしよ!』なんて拷問…」(30代女性)というように、気の進まない集まりに誘われることもあるでしょう。親の気持ちはともかく、「子どもに思い出を作ってやりたい」と考えるなら、たまには自分たちも楽しめるイベントを企画して、友人家族を誘ってみてはどうでしょう。

ほかにも、「幼稚園ママが『人間関係ってしんどい!』と思う瞬間」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(水谷仁美)
Photo:All images by iStock