「社内女子会」を仕切るときに試したい、女子ウケ幹事テク9パターン


仕事をスムーズに進めるためにも重要な、会社の同僚女子たちとの飲み会。それを盛り上げるためには、幹事のお店選びやスマートな仕切りも重要なポイントです。そこで『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「『社内女子会』を仕切るときに試したい、女子ウケ幹事テク」を探ってみました。

  • 【1】スイーツが豪華など、お得な「女子会プラン」のあるお店を選ぶ

    「専用のプランがあるお店も増えているので、活用しない手はない」(20代女性)のように、女子ウケサービスが手厚いお店を選ぶのもポイントでしょう。飲み放題にワインやカクテルが入っている、野菜系のメニューが多いなどのプランも女子ウケがいいようです。

  • 【2】女子だけに飽きたころにタイミングよく同僚男子を呼び出す

    「ひととおりトークが終わったら、男子もいたほうが楽しいかも」(20代女性)という意見もあり、頃合いをみて同僚の男性たちを呼ぶのもよさそうです。事前に「呼ぶかもしれないけど、今夜大丈夫?」と、連絡をする男性社員にあたりをつけておくといいでしょう。

  • 【3】やっかいなお局様の話し相手を引き受ける

    「お局様を呼ばないわけにもいかないから、接待してくれる人がいると嬉しい(笑)」(20代女性)というように、誰かがお局様対策を買って出ることで、会が円満に進むようです。上手にお酒をすすめて、いい気分で早めに帰宅してもらえるよう誘導すると、さらに同僚からの評価がアップしそうです。

  • 【4】どんなトークをしても安心の個室居酒屋をおさえる

    「人目を気にせずに、会社の噂話や恋バナで盛り上がりたい!」(20代女性)など、個室に案内されるとテンションが上がる女性も多いようです。また、オフィスから少し離れた場所に設定するなど、会社の人に会う可能性が低いお店を選ぶことも大切でしょう。

  • 【5】誕生月の人にサプライズのメニューを用意しておく

    「お誕生日ケーキが出てくると、当事者じゃなくても嬉しくなっちゃいます」(10代女性)というように、バースデー関連の演出も女子会を盛り上げてくれそうです。プチブーケなどのちょっとしたギフトも、女子の心に刺さるのではないでしょうか。

  • 【6】地図が読めない女子たちのために、会社で待ち合わせて案内する

    「隠れ家的な店だと、もれなく迷ってしまいます…」(20代女性)という声があるように、店案内も重要な幹事の仕事のようです。集合に間に合わない人にはプライベート携帯の番号を教えておくなど、フォローは万全にしておきましょう。

  • 【7】飲めない女子用に「下戸料金」を設定する

    「お酒がまったく飲めないので、毎回会計時に不公平感を感じる」(20代女性)という声もあり、飲めない人からアルコール代を取らない気遣いも感謝されるかもしれません。お店のプランの関係で、全員から同じ料金を徴収せざるを得ない場合は、「飲まない分、食べて食べて!」と料理やスイーツをすすめましょう。

  • 【8】大人数の場合、二次会を「カラオケ班」「お茶班」などに分ける

    「カラオケが好きじゃないから、二次会は飲みに徹したい! でも、カラオケ好きの人も結構いるんですよね」(30代女性)と、一次会の後の仕切りにも幹事の手腕が問われるようです。出欠確認と同時に二次会の希望を聞き、プランニングの参考にするといいかもしれません。

  • 【9】「親睦を深めるため」と上司にかけあい、会社からいくらか費用を出してもらう

    「先輩が会社から経費をもらってきたときは、一同、拍手喝采でした」(20代女性)のように、飲み代が少しでも軽くなるような努力は参加者から喜ばれるでしょう。「『部長が許可してくれた』ってちゃんとみんなに伝えますから!」と交渉すると、費用を負担してくれる確率がアップしそうです。

会社での女子会を盛り上げる幹事テクには、ほかにどんなものがあるでしょう。皆さんの意見やエピソードをお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock