期限を守らない先輩に、さりげなく書類提出を催促する方法9パターン


「この日まで」と締め切りを伝えていても、期日通りに書類を提出してくれない先輩もいることでしょう。そこで『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「先輩にすみやかに提出を促す方法」を探ってみました。書類の集まりが悪いと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 【1】業務連絡メールに「P.S.書類提出もお願いします!」と書き添える

    「用事があったときに、ついでっぽく『待っています!』と付け加えます」(20代女性)というように、メールで促すという人もいました。いつも提出が遅れる常習犯には、締め切りの前に「今回は○日までにお願いします」と、追伸メッセージを添えてみてもいいかもしれません。

  • 【2】「記入の例、必要ですか?」と記入済みの書類を見せて思い出させる

    「たいてい忘れられているので、見本を提示して記憶を呼び覚まします」(20代女性)と、「提出してください」と言わずにマニュアルを渡す方法もあるようです。相手がパソコン操作の苦手な上司なら、「手書きで書いていただければ、打ち出しますよ」と提案してもいいでしょう。

  • 【3】「すみません、先輩のだけまだなんですが…」と申し訳なさそうに頼む

    「待っていてもらちがあかないので「『ほかのみんなは提出している』と言って焦らせる作戦」(20代女性)のように、下手に出つつ催促してしまうのもいいでしょう。「忙しいところ、ゴメンなさい」と仕事が立て込んでいることに理解を示しつつ頼めば、角を立てずにすみそうです。

  • 【4】「あれっ、こんなところにー!」とデスクの上の該当書類を指さす

    「先輩のデスクから、提出すべき書類の存在を見つけ出してアピール!」(20代女性)というように、偶然を装って書類を突きつけるという荒技もあります。「これ、火曜日までだったんですよ」と、すでに提出期限を過ぎていることを伝え、その場で記入するようにもっていけるとベストでしょう。

  • 【5】「先輩、何か忘れていませんか?」と冗談っぽく聞いてみる

    「ストレートに提出をお願いしづらいときは、クイズ形式にします」(20代女性)のように、明るく聞いてみるのもよさそうです。「『しょ』がつくものですよ」などとヒントを出して相手が答えたら、「思い出したついでに、提出しちゃいましょ」とダメ押しをするといいかもしれません。

  • 【6】二人きりのときに「あの、書類っていただいてましたっけ」と無邪気に聞く

    「みんなの前だと嫌がる人もいそうなので、エレベーターや廊下などで『そういえば』と切り出します」(20代女性)と、「相手に配慮しつつ二人きりのときに聞く」という人もいました。「オフィスに戻ったら、受け取りに伺っていいですか?」と畳みかければ、そのまま提出してもらえそうです。

  • 【7】「お忙しいところすみませんが、書類提出をお願いします」とメモをデスクに置く

    「電話の伝言などと一緒に、催促メモも置いちゃいます」(20代女性)のように、口頭でなくメッセージで促すという意見も寄せられました。そのままスルーされないためにも、「本日、15時までにお願いします」と時間を切ってしまうといいでしょう。

  • 【8】「今日中にいただけなかったら、ランチ1回おごりですよ!」とペナルティを課す

    「『全員分揃わないと、私が怒られちゃうんですよ』と、遅れたら何かを私のためにしてもらいます」 (20代女性)のように、ささやかな罰則を設定するのもひとつの手です。一緒にランチに行く仲ではないなら、「遅延一日につき、自販機のドリンク1本のおごりです」などとアレンジするといいでしょう。

  • 【9】「部長が『また○○はまだか』と怒ってましたよ」と上司の名前を出す

    「提出先の誰かが怒っている、ということにします」(20代女性)というように、他人の名前を出して催促するのもいいでしょう。この場合、話に食い違いが生じないよう、「○○さんが遅れていたので、部長の名前を出しちゃいました」と提出時に申告しておくといいかもしれません。

ほかにも、「先輩にさりげなく書類提出を促す方法」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock