昔好きだった女子と再会して、「やっぱイイ!」と恋心が再燃した瞬間9パターン


かつて好きだった人との再会で、ガッカリすることもあれば、想いが再燃することもあるもの。男性がどんな瞬間に恋心が復活するのか、それがわかれば昔好きだった人との間に恋が芽生えるかもしれません。今回は『スゴレン』の男性読者への調査をもとに、「昔好きだった女子と再会して恋心が再燃した瞬間」を紹介します。

  • 【1】昔と同じ明るい笑顔に、思い出がフラッシュバックしたとき

    「はじける笑顔に高校時代はドキドキしていた」(20代男性)など、思い出と一緒に想いが復活するパターンです。いくつになっても明るい笑顔は人の心を癒すもの。ただし、作り笑顔はすぐに見抜かれてしまうので、できるだけ自然体を心がけましょう。

  • 【2】当時の自分をしっかりと覚えていてくれていたとき

    「ちゃんと自分を見てくれてたんだ」(20代男性)など、昔のエピソードを女性が覚えていることに男性が感激するパターンです。いいなと思っている人には「当時あなたのこと、こんな風に思ってた」と気持ちを言葉にすると、さらに相手を喜ばせるでしょう。

  • 【3】久しぶりなのに会話が盛り上がりすぎて止まらないとき

    「タイムスリップしたみたい」(20代男性)など、長く離れていても変わらず話に花が咲くことに嬉しくなるパターンです。昔の写真を持っている場合は、再会をするときに持っていくとより会話がふくらむでしょう。

  • 【4】会わなかった時間がウソのように思えるほど、居心地がいいと感じたとき

    「まるごと受けとめてくれる雰囲気に、やっぱりコイツだと思った(笑)」(20代男性)など、落ち着ける空気感に男性がキュンとするパターンです。どんな話題でも「うんうん」と優しく相づちを打つと、「一緒にいて心地いいな」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【5】実はあのとき…ちょっと好きだった」と恥ずかしそうに告白されたとき

    「かなりテンションが上がった」(20代男性)など、昔の想いを伝えることで盛り上がるパターンです。好感を持たれれば誰でも温かい気持ちになるもの。昔、いい感じだったのに付き合うまでに至らなかった男性がいたら、思いきって気持ちを告白してみると新たな恋が始まるかもしれません。

  • 【6】化粧で変身した顔を見てドキッとしたとき

    「メイクでここまで変わるんだ」(20代男性)など、化粧が禁止だった中高生時代のクラスメイトと会ったとき、ギャップにときめくパターンです。久しぶりの男友達と会うなら、自分を最大限魅力的に見せられるよう、百貨店のコスメコーナーに駆け込むのもいいかもしれません。

  • 【7】ちょっとした仕草や雰囲気に「大人の女」を感じたとき

    「近づいた瞬間にいい匂いがして、クラっときた」(20代男性)など、昔はなかった色気に男性がドキッとするパターンです。ほのかに香水をまとったり、さりげなく上着をたたんであげるなど、大人ならではの演出が男性の心を虜にするかもしれません。

  • 【8】ファッションがぐっと女らしくなっていたとき

    「子どもっぽかったイメージが一変した」(20代男性)など、洗練された容姿に男性がグッとくるパターンです。「ダイエットが間に合わない」「肌のコンディションが悪い」という場合も、服装だけは前日の努力で間に合うもの。会う前に抜かりなくオシャレをしてのぞみましょう。

  • 【9】今、彼氏がいないとわかったとき

    「その事実で急にエンジンがかかる」(20代男性)など、女性に恋人がいないとわかった途端、男性が恋愛対象として意識するパターンです。もし彼氏がいないなら、「パートナー募集中です」と恥ずかしそうに言ってみると、恋に発展しやすくなるでしょう。

パターンを探ると、「変わらない魅力」と「変わったギャップ」の2つに分かれます。久しぶりの男友達と再会することがあるなら、当時を振り返りつつも大人の女性として変化した部分を演出すれば、「時間とともにより魅力的になったんだな」と思ってもらえるでしょう。(水谷ともゑ)
Photo:All images by iStock