合コンにおける、はた目には痛過ぎるモテ狙いの「不思議ちゃんアピール」9パターン


男性の興味を引くために、つい不思議ちゃんっぽい言動をしてしまう人は要注意。あまりに痛々しい姿に、隣にいる女友達は目をおおっているかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者の声を参考に、「はた目には痛過ぎるモテ狙いの『不思議ちゃんアピール』」をご紹介いたします。

  • 【1】男性の前だと「○○だにゃん」など、ちょっと変わった言葉をつかう

    「さっきまで普通だったじゃん」(10代女性)というように、変な語尾を駆使して話すのは、不思議ちゃんを演じているのがミエミエのようです。ホンモノは周りのウケなど関係なくヘンテコワードが自然に出てしまうだけなので、モテるために真似するのはナンセンスかもしれません。

  • 【2】「私、霊が見えるの」など、霊感があることを自慢する

    「不思議じゃなくて不気味な子」(20代女性)というように、目立ちたくて幽霊が見えるなどの特殊能力をアピールしても、周囲から冷ややかな視線を集めるだけのようです。相手がオカルトに興味がない場合、霊感自慢は控えたほうがいいでしょう。

  • 【3】少しでもエッチな言葉を聞くと「どういう意味?」などと、知らないフリをする

    「子どもの作り方も知らないとか信じるかっつーの」(10代女性)というように、下ネタに関して無知なフリをするピュアアピールにイラッとしている人も。女子には「知ってるくせに!」と思われそうですが、同性の目さえ気にしなければ「純粋な女の子が好き」というタイプの男性を喜ばせることができそうです。

  • 【4】「動物と話せるの」など、人間以外と話せると言い張る

    「いいえ話せません」(20代女性)というように、森羅万象と話せるかのような知人の発言に、あきれたことがあるという女性も。ただし、動物の写真にアテレコをするなど、ユーモアを交えて披露できるのならネタとして歓迎されるでしょう。

  • 【5】嬉しいとき「やったー」とその場で子どもみたいに飛び跳ねる

    「天然アピールお疲れさまです」(20代女性)というように、いい大人が大げさ&無邪気に喜んでいる様子を、憐れみの目で見ている人も少なくないです。むしろ、普段クールな人が思わず喜んだときに見せた子どもっぽい表情など、自然に見せたギャップに男性はドキッとするのかもしれません。

  • 【6】変なモノや動物などを見つけるたび、「これ、かわいくない?」と言いまくる

    「わざと気持ち悪いものを選んでる」(20代女性)というように、かわいくないものを好む「変な子アピール」がウザいという意見も。何度も繰り返すと周りにスルーされ、ただの悪趣味扱いを受けそうです。

  • 【7】「テレパシーが使えるの」と言い張る

    「病院に行ってきたら?」(20代女性)というように、以心伝心ができると言っても、周りは信用しないでしょう。ただし、連絡がほしいと思っていたときに電話が鳴ったなど、あるあるエピソードに落とし込めば、話のネタとして盛り上がるかもしれません。

  • 【8】本当は上手なのに、人前だとめちゃくちゃ下手な絵を描く

    「そこまでして不思議ぶりたいのかと」(10代女性)というように、本当は画力のある女性がシュールな絵を描いても、どこかに上手さが出てしまい、結果として「計算高い女」と思われるようです。絵が得意なら、むしろマジメに書いたほうが個性をアピールできるでしょう。

  • 【9】「私は変だからー」と自分を不思議キャラ扱いする

    「本当に変な人はそんなこと言わない」(20代女性)というように、自分を不思議扱いする女性は、その時点で「凡人」であると周囲は気づくようです。モノホンの不思議ちゃんは、「自分が普通で周りがおかしい」くらいに思っていると心したほうがいいかもしれません。

ほかにも「はた目には痛過ぎるモテ狙いの『不思議ちゃんアピール』」があれば、ぜひ教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock