「若作りしちゃって…」と年下男子から苦笑いされてしまうファッション9パターン


ファッションは人それぞれの個性が現れるもの。何を着るのも自由ですが、格好によっては「若作りだな」と苦笑いされることもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「『若作りしちゃって…』と年下男子から苦笑いされてしまうファッション」をご紹介します。

  • 【1】ドクロ柄やダメージデニムなどパンクな格好

    「同世代でもちょっと引く。学生時代に卒業してよ」(20代男性)など、社会に反抗するようなハードなファッションは、到底大人のするものではないと考える男性が多いようです。男子ウケのいい格好でもないので、方向転換を検討してはいかがでしょうか。

  • 【2】金髪や明るすぎる茶髪などヤンキーっぽい髪色

    「似合ってても『元ヤン!?』って思っちゃう」(20代男性)など、明るすぎる髪色はヤンキーっぽいと敬遠されそうです。バサバサに髪が傷んでいると一層荒んで見えるので、トリートメントなどで髪の健康を保ち、自然で美しい髪色に染め直したほうがいいでしょう。

  • 【3】ゴスロリなどフリフリでかわいすぎる格好

    「似合う年ってもんがあるでしょ(苦笑)」(20代男性)など、かわいすぎるファッションは大人には不似合い。男性から「イタい!」と思われてしまいそうです。さりげない黒のフリルなど、大人にも似合うような「かわいい路線」を模索してはいかがでしょうか。

  • 【4】ド派手な原色が多いギャルっぽい格好

    「ザ・若作り。大人が着ると安っぽく見える」(20代男性)など、チープでかわいいギャル服は、若さゆえに似合うもの。大人が同じ物を着ると、安っぽさが強調されてしまうようです。原色でも、ワンポイントに抑えればいいかもしれません。

  • 【5】つけまつげやテカテカのグロスなど濃すぎるメイク

    「ただの厚化粧に見える。キレイだとは思えない」(20代男性)など、若い子に流行りの濃い目のメイクをしても、同じようなかわいい仕上がりにはならないようです。年齢に合ったファッション誌などで、自分に似合うメイクを研究してはいかがでしょうか。

  • 【6】生脚にショートパンツなど露出度の高い格好

    「大人が肌見せしすぎると、ただエロい感じ(苦笑)」(20代男性)など、元気な印象のファッションは、大人の女性が着るとセクシーになりすぎてしまうようです。スタイルに自信があっても、肌見せはほどほどにしたほうが品よく映るでしょう。

  • 【7】ニーハイソックスにプリーツのミニスカなどアイドルっぽい格好

    「無理してる感じがする。ちゃんと鏡見た?」(20代男性)など、手厳しいご意見もチラホラ…。人気アイドルのようなファッションは、大人が着ると違和感を抱かれてしまうようです。流行りでもそのまま取り入れず、本当に似合っているか、辛口な女友達の意見を聞きましょう。

  • 【8】ガーリー系モデルのようなパッツン前髪

    「大人はあんまり冒険しないほうがいいと思う」(20代男性)など、モデルのような一風変わった髪型にチャレンジすると、まわりに「微妙…」と思われる可能性が高そうです。大幅なイメチェンをしたい場合は、似合わないものは「やめなよ」と止めてくれる、信頼できる美容師さんに相談してみましょう。

  • 【9】真っ白のワンピに巻髪など姫系の格好

    「年齢によって服の印象も変わっちゃう。大人が着ると水商売っぽい」(20代男性)など、作りこんだ姫系の格好は、大人がするとキャバ嬢っぽい雰囲気になってしまうようです。パーティーや結婚式の二次会など華やかな席であれば、違和感もないかもしれません。

ほかにも「こんなファッションが若作りだと思われる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock