初対面で警戒されやすいママの特徴9パターン


何事も「初対面」は重要ですが、特にママ友との関係において、最初の印象はその後の関係にまで大きな影響を及ぼすものです。自分としては何気なくとった行動のせいで、「この人、無理かも」と思われてしまうのは避けたいところ…。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「初対面で警戒されやすいママの特徴」をご紹介します。

  • 【1】TPOを無視した服装をしている

    「芋ほり遠足にミニスカ・ピンヒールで登場したママ。初めてのイベントで張り切る気持ちはわかるけど、おかしいでしょ…」(20代女性)というように、自分にとってはオシャレのつもりでも、周囲が好意的に受け止めてくれるとは限りません。見かけのせいで「空気が読めない人」とレッテルを貼られないよう、その場にふさわしい装いを心がけましょう。

  • 【2】やたらとなれなれしい態度をとる

    「明らかに年下のママから『今日は暑すぎだよねー』とタメ口で話しかけられてビックリ」(30代女性)というように、アプローチがあまりに軽すぎると、相手との距離を縮めるどころか、かえって遠ざけてしまう場合があるようです。見た目が年上でも年下でも、初対面ではとりあえず丁寧語を使ったほうが無難でしょう。

  • 【3】「あなたの名前は?」と上から目線で聞く

    「『誰のママ?』ってぶっきらぼうに聞かれて、『この人とは友達にならない』と即決!」(30代女性)というように、一方が「聞いてやる」といわんばかりの態度だと、自己紹介し合う前から「感じが悪い」と思われてしまいます。相手のことを知りたいなら、まずは自分から名乗るのが礼儀だと心得ましょう。

  • 【4】いきなりプライベートな質問をする

    「『すごい豪邸に住んでるんだよね。ご主人、何の仕事してるの?』と聞かれて、ゾッとした」(20代女性)というように、まだ親しくもないうちから、個人的な背景に切り込もうとするのはやりすぎでしょう。どんなに興味があっても、職業や学歴、収入については、軽々しく口にしないほうがよさそうです。

  • 【5】場をわきまえず私語が多い

    「入園式の最中にずっと話しかけてくるママがいて、私までまわりから白い目で見られた…」(20代女性)というように、自分ではそれなりに礼節をわきまえていたつもりでも、「迷惑な人に巻き込まれた」と思われたら心外でしょう。早く相手と親しくなりたいと思っても、状況を考えて行動したいものです。

  • 【6】子どもの自慢から話がはじまる

    「自己紹介もそこそこに、『うちの子、バレエで主役に選ばれてね』と鼻高々のママ。『だから何!?』と心の中で突っ込んだ」(30代女性)というように、初対面での自慢話が、場を白けさせてしまうこともあります。わが子が一番かわいいという気持ちがあっても、ほかのママの前では少し謙遜するくらいがちょうどいいでしょう。

  • 【7】ほかの人の悪口をいう

    「『園長先生って、性格キツそうですよね?』と同意を求められても…」(30代女性)というように、軽い気持ちで毒を吐いたのだとしても、相手を困惑させるだけだとしたら問題でしょう。自分ではユーモアを込めたつもりでも、受け止め方は人それぞれだと肝に銘じたほうがよさそうです。

  • 【8】下の子を放置している

    「1歳くらいの子が泣きわめいても知らん顔…。仕方がないとは思っても、無責任な態度にはイラっとくる」(20代女性)というように、園に連れてくる「下の子」への対応も、ほかのママは意外とチェックしています。「子育てママなら理解があるはず」と甘えすぎず、自分とわが子が周囲の人たちを嫌な気持ちにさせていないか、気を配りましょう。

  • 【9】変な言葉を使う

    「見た目はきちんとした印象だったのに、自分のことを『りかはね…』と呼ぶママにドン引き」(30代女性)というように、ちょっとした言葉づかいをきっかけに、「要注意人物」と認識されてしまう場合があるようです。家族や親しい友人には通用しても、客観的にはどうなのか、慎重に言葉を選ぶように意識したほうがいいでしょう。

ほかにも、初対面で警戒されやすいママの特徴があれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock